静岡県で楽しむ南アルプス<br/>井川地域の自然を満喫しよう!
公開日2022年08月12日/更新日2022年09月26日

静岡県で楽しむ南アルプス
井川地域の自然を満喫しよう!

体験する
自然とふれあう
静岡県静岡市

「南アルプス」といえば長野県、山梨県、静岡県の3県にまたがる、日本を代表する山脈です。標高が高い山が多いため、本格的な登山を思い浮かべる人も多いと思いますが、意外と小さな子どもから楽しめるスポットがあるのはご存知でしょうか。

この記事では、「奥静岡エリア」と呼ばれる、静岡県北部の南アルプスエリアをピックアップ。小さな子供と一緒でも楽しめるスポットを中心に、静岡県で楽しむ南アルプスの魅力をご紹介します。

南アルプスってどんなところ?

提供:静岡市環境創造課
提供:静岡市環境創造課

南アルプスは、「赤石山脈」とも呼ばれ、長野県、山梨県、静岡県の3つの県にまたがる大山脈です。3000mを超す山が全部で13座あり、手つかずの自然が残る秘境とも言われています。日本で2番目に高い、標高3193mの「北岳」も南アルプスを構成する山の1つです。

南アルプスの中で3000mを超す山13座のうち、10座が静岡市内や静岡市境にあり、南アルプスならではの雄大な景色が楽しめます。

静岡市からの南アルプスの玄関口、井川地域

静岡市の市街地のまちなみ
静岡市の市街地のまちなみ

静岡県の県庁所在地である、静岡市は東京からも名古屋からも新幹線で約1時間の場所にあり、徳川家康が隠居後に生活した場所としても知られている歴史あるまち。

静岡市は南北に長く、その長さは83.1kmにも及びます。一番南側は太平洋に面し、北側のエリアは豊かな自然が残る山間エリアになっており、その北側の山間エリアは「オクシズ」(奥静岡の愛称)と呼ばれ、「南アルプスへの玄関口」の井川地域があります。

■「オクシズ」とは

静岡市は、静岡市の奥のエリア「奥静岡エリア」を「オクシズ」と愛称をつけ、観光のPRを行っています。「オクシズ」は、地形と川の流域で「奥大井」「奥藁科」「安倍奥」「奥清水」の4つの地域に分けられています。

井川地域は、南アルプスの玄関口がある大井川の上流部エリア「奥大井」に属しています。

オクシズ公式サイト

オクシズのなかの「奥大井」、井川地域で大自然を満喫!

井川湖(提供:静岡市環境創造課)
井川湖(提供:静岡市環境創造課)

井川地域には、大井川沿いを走る「大井川鐡道」の終着駅井川駅や、南アルプスの水が流れ込む「井川湖」があります。

井川大仏(提供:静岡市環境創造課)
井川大仏(提供:静岡市環境創造課)

「井川湖」周辺には、「井川大仏」や絶景が楽しめる吊り橋などの観光スポットも多くあり、気軽に家族連れでも楽しめますよ。

続いて、井川地域周辺で楽しめる南アルプスのおすすめスポットを紹介します。

南アルプスの自然を親子で満喫しよう!

南アルプスは3000m級の山々が連なる大山脈ですが、井川地域周辺では子供と一緒楽しめるアクティビティやハイキングコースが充実しています。

夏のリバウェル井川スキー場で南アルプスの絶景を楽しもう!

雪解け時期のリバウェル井川スキー場(提供:静岡市オープンデータ)
雪解け時期のリバウェル井川スキー場(提供:静岡市オープンデータ)

「リバウェル井川スキー場」は、冬場はスキーや雪遊びを楽しむファミリーが訪れる人気のスポットですが、実は夏の「リバウェル井川スキー場」もおすすめなんです。

グリーンシーズンでも人工のスノーマットで夏スキーが楽しめるほか、標高1,400mにあるスキー場からは南アルプスの絶景を望むことができます。夏の時期ならではの緑が広がる絶景を楽しんでみてくださいね。

リバウェル井川スキー場

廃線小路を歩いて、冒険気分!

提供:静岡市環境創造課
提供:静岡市環境創造課

井川地域には、井川ダム建設当時に作られた資材搬入駅へ続く線路を歩ける遊歩道があります。現在は廃線となっていますが、本物の線路が残されており、道の途中にはトンネルがあったり木々が多い茂っていたり、まさに冒険気分で歩いて行けますよ。

ハイキングコースとして整備されていますので、家族で南アルプス散策をするのにもおすすめです。

井川湖畔遊歩道(廃線小路)

南アルプスを一望!観光シーズンには朝市も楽しめる富士見峠

井川地域の玄関口の「富士見峠」は、南アルプスが一望できる展望広場があり、雄大な山々の景色を楽しむことができます。駐車場もあるので、車で展望ポイントのすぐそばまで行くことができるので、小さな子供がいても安心です。

ゴールデンウィークやお盆、紅葉の季節などの観光シーズンの休日には、朝市も開催されます。

富士見峠

一般的な静岡市のイメージとは少し違った、奥の静岡「オクシズ」は魅力いっぱい! 南アルプスの玄関口井川地域だけでもさまざまな観光スポットがあります。豊かな自然を満喫できる「オクシズ」へお出かけしてみませんか。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。