約250年続く伝統的な祭り<br/>「日間賀島ぎおん祭り」開催
2023年7月8日

約250年続く伝統的な祭り
「日間賀島ぎおん祭り」開催

日間賀島ぎおん祭り(2023)
ひまかじまぎおんまつり
見る
愛知県知多郡南知多町

愛知県南知多(みなみちた)町にある日間賀島(ひまかじま)では、2023年7月8日(土)に、海上の安全と豊漁を祈願する「日間賀島ぎおん祭り」が開催されます。

「日間賀島ぎおん祭り」の終了後には、花火大会も行われ、盛りだくさんの一日。2023年の「日間賀島ぎおん祭り」の開催内容や、花火大会についてご紹介します。

※内容は一部変更または中止になる可能性があります。最新情報および詳細は、主催者にお問い合わせください

日間賀島ってどんな場所?

港に設置されたタコのモニュメント
港に設置されたタコのモニュメント

日間賀島は、“名古屋から一番近い島”として知られ、愛知県南知多町の先端に位置する師崎港(もろざきこう)から高速船で約10分の場所にあります。

島内は、ゆっくり歩いても2時間ほどで一周できる小さい島で、季節にあわせて新鮮な海の幸が楽しめることで有名です。特にタコは「日間賀島」の名物。島内の港では、タコのモニュメントが観光客をお迎えします。

夏は「日間賀島ぎおん祭り」をはじめ、毎年8月12日に「たこ祭り」という大きなお祭りが開催されるほか、イルカとのふれあいイベントや漁業体験なども楽しむことができますよ。

「日間賀島ぎおん祭り」とは

 別名「ほうろく祭」ともよばれています
別名「ほうろく祭」ともよばれています

毎年7月の第2土曜に開催される「日間賀島ぎおん祭り」は、江戸時代中期から始まった250年余りの歴史がある伝統的な祭りです。

会場となるのは、「日間賀島西港」から歩いてすぐの場所にある海水浴場「サンセットビーチ」です。

祭りは、1年間の漁の安全と豊漁を祈願して行われます。漁船に提灯(ちょうちん)を飾った「やかた船」に数十人の若者が乗り、火を灯した365枚の素焼きの大皿「ほうろく」を海に流します。

真っ暗の海の上を、ゆらゆらと燃える「ほうろく」が流れる風景はとても幻想的です。

2023年の開催情報

祭りの会場となるサンセットビーチ
祭りの会場となるサンセットビーチ

2023年の「日間賀島ぎおん祭り」は、7月8日(土)に行われます。

毎年、会場では夕方になると中学生による迫力ある「島太鼓」も披露されます。

さらに、「日間賀島ぎおん祭り」終了後には、スターマイン、ミュージック花火、メッセージ花火、3号玉など、約2,000発の花火が打ち上げられる恒例の花火大会が開催されます。

花火大会は、夕方から行われるので、島に宿泊して夜までたっぷりと楽しみたいですね。ただし、日間賀島は宿泊施設が限られているので、早めの予約がおすすめです。

旅行気分も楽しみながら、日間賀島の祭りに親子で足を運んでみてはいかがですか。

とりっぷノート♪イルカに出合える!

祭り会場となる「サンセットビーチ」では、5月中旬〜9月末までイルカとふれあうことができます。イルカとのタッチやハグ、エサやり体験など、多彩なプログラムが用意されており、祭りとあわせて楽しめます。子供も大人も癒やされること間違いなしです。(いこーよとりっぷライター・飯田佐智)

「日間賀島観光情報サイト」で詳細をチェック!(外部リンク)

記事を書いた人

飯田佐智(Clay)

小学生の娘と金魚2匹と暮らすママライター。旅行、おでかけ、グルメを中心に執筆。趣味はインスタで美味しそうなレシピ(おつまみ♪)を見つけて作ること。海外ドラマが大好きで今まで観た作品は数知れず。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名日間賀島ぎおん祭り(2023)
ふりがなひまかじまぎおんまつり
主催者名日間賀島西区
開催期間2023年7月8日
開催時間19:00~21:00
開催スポット日間賀島サンセットビーチ(西港隣)
住所愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜
電話番号0569-68-2388
※電話窓口は「日間賀島観光協会」です
料金無料
アクセス【車】知多半島道路・豊丘ICから約10分、「師崎港」から高速船に乗車(10分)、日間賀島「西港」下船
【電車】名鉄河和線「河和駅」から徒歩で約7分、「河和港」から高速船に乗車(20分)、日間賀島「西港」下船
駐車場駐車場なし
関連URL
公開日2023年06月16日/更新日2023年08月23日