花火の音の響きに圧倒される!<br/>年間通じて開催される熱海の花火
2022年予定 7月29日(金) 8月5日(金)、8日(月)、18日(木)、21日(日)、26日(金) 9月19日(月・祝) 11月5日(土) 12月4日(日)、18日(日)

花火の音の響きに圧倒される!
年間通じて開催される熱海の花火

熱海海上花火大会(2022年)
あたみかいじょうはなびたいかい
見る
静岡県熱海市

1952年から続く熱海の名物「熱海海上花火大会」。1年を通して10回以上開催されるため、夏以外の時期でも楽しめる花火大会として、多くの観光客に人気があります。

熱海の海を舞台に、華麗に打ち上げられる伝統ある花火大会をご紹介します。

どーんと響く音に感動!山に囲まれた海に打ち上げられる花火

「熱海海上花火大会」の一番の魅力は、ほかの会場では体験できない大迫力の音。「熱海海上花火大会」が行われる熱海湾は3方向を山に囲まれた地形で、ちょうどすり鉢のような形になっています。

このような地形の熱海湾で打ち上げられる花火は、音が山に反響し、まるでスタジアムにいるかのような大迫力の音響が楽しめます。おなかに響くほどの音を感じながら、間近に見る花火は臨場感たっぷりです。

花火が夜空を埋め尽くす!フィナーレの「大空中ナイアガラ」に感動

「熱海海上花火大会」のフィナーレも、最大の見どころ。毎回花火大会の最後に打ち上げられるのは、「大空中ナイアガラ」。通常の「ナイアガラ」は、ワイヤーで吊った花火が滝のように見える「仕掛け花火」を指しますが、「熱海海上花火大会」の「大空中ナイアガラ」は会場全体から打ち上げられる連続発射のスターマインのことを言います。

無数に打ち上げられる銀色の花火が夜空を埋め尽くし、夜だということを忘れてしまうくらい明るくなる空は感動の一言。

年間通じて、冬でも花火が楽しめるのも魅力!

「熱海海上花火大会」の始まりは70年以上遡ります。台風や火災などの被害からの復興を願って花火が打ち上げられたことが始まりで、そこから毎年花火大会が開催されています。

今では夏だけではなく、1年を通じて開催されている熱海の名物となっています。開催の日程は不定期になりますので、公式ホームページをチェックして予定を確認してくださいね。

温泉にグルメにさまざまな観光スポットが充実の熱海。東京から新幹線で最短35分、車でも東京から約1時間半と気軽にお出かけできる観光地。大迫力の花火を見にお出かけしませんか。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名熱海海上花火大会(2022年)
ふりがなあたみかいじょうはなびたいかい
開催期間2022年予定 7月29日(金) 8月5日(金)、8日(月)、18日(木)、21日(日)、26日(金) 9月19日(月・祝) 11月5日(土) 12月4日(日)、18日(日)
開催時間4月5月9月11月12月/20:20~20:40
7月8月/20:20~20:45
開催スポット熱海湾
住所静岡県熱海市渚町地先 親水公園ほか
電話番号0557-85-2222
(熱海市観光協会)
アクセスJR熱海駅より熱海港方面行きバスにて約10分、銀座また親水公園バス停下車
駐車場駐車場あり
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年07月20日/更新日2022年07月20日