廃校を活用した「大子おやき学校」<br/>親子で楽しむおやき体験&食育にも

廃校を活用した「大子おやき学校」
親子で楽しむおやき体験&食育にも

大子おやき学校
だいごおやきがっこう
体験する
ものづくり
茨城県久慈郡大子町

茨城県大子町には、まちの特産品である「大子おやき」の文化を伝える体験施設「大子おやき学校」があります。

JR水郡線「常陸大子駅」から車で約10分。昔懐かしい雰囲気満点の木造家屋が「大子おやき学校」です。この建物、じつは1996年に廃校した旧槙野地小学校の校舎を再利用した施設で、まさに「学校」という言葉がぴったり!

一歩足を踏み入れれば、大人は過去にタイプスリップしたかのような気持ちに、一方で子供はちょっぴり新鮮さを感じるはず。特別な空間で、約1時間の「大子おやき作り体験」を楽しんでみましょう。

大子町の特産品「大子おやき」とは?

「大子おやき」は、郷土食として親しまれてきたおやきを、野沢菜、きんぴら、おから、かぼちゃといった地元の農産物を具材にして、現代風にアレンジしたもの。素朴な味わいが特徴で、地域のお母さんたちが一つひとつ丁寧に手作りしています。

親子でおやき作りに挑戦!

大人から子供まで楽しめる「おやき作り体験」では、自分だけのオリジナルおやき作りができます。

体験で作るおやきの具材はリンゴとカボチャ。「具材がはみ出ちゃうかも」「うまく包めない」といった心配もあるかもしれませんが、初心者や小さな子供でも大丈夫! 簡単に包むことができますよ。

包んだ後は、小豆エキスを筆につけ自由にお絵かきタイム! 焼き上げて完成です。でき上がったおやきは、その場で食べることも、おみやげで持ち帰ってもOKです。

食育体験にもぴったり!

子供にとって手作り体験は、貴重な学びの機会です。おやき作り体験を通じて、家族みんなで楽しめば、最高の食育体験になります。旅先ならではの特産品を作る楽しさ、焼き立てを味わう喜びを感じてみてください。

とりっぷノート☆安心ポイントを紹介

10人以下なら予約なしで体験可能です。気軽に立ち寄れるのは親子旅行でのうれしいポイントですが、体験時間や最新情報を公式サイトでチェックしておくとさらに安心です。(いこーよとりっぷライター・飯田佐智)

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名大子おやき学校
ふりがなだいごおやきがっこう
住所茨城県久慈郡大子町槙野地2469
電話番号0295-78-0500
営業時間9:00~17:00(12月15日~3月15日は9:00~16:00)
※体験時間は9:30~14:30
定休日毎週水曜、年末年始
料金【おやき体験料】中学生以上800円、4歳~小学生以下500円
アクセスJR水郡線「常陸大子駅」から「梨野沢行」のバスで約20分「大子おやき学校前」下車
JR水郡線「常陸大子駅」前から車で約10分
駐車場駐車場あり
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年03月22日/更新日2022年03月24日