【目黒・品川】桜お花見 おすすめ・穴場スポット7選!2024
更新日2024年02月27日/公開日2024年02月27日

【目黒・品川】桜お花見 おすすめ・穴場スポット7選!2024

見る

目黒・品川エリアでは、都会の喧騒を忘れさせてくれるような美しい桜の景色が楽しめます。目黒川など代表的な桜の名所から知る人ぞ知る穴場まで、目黒・品川エリアでおすすめの桜お花見スポットをご紹介します。

※内容は一部変更または中止になる可能性があります。最新情報および詳細は、公式サイトをご確認ください

中目黒駅周辺の目黒川沿い

桜吹雪が舞い、花筏が水面を染める

東京都内の桜スポットとして、1位、2位を争うほど有名な「目黒川」。池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)まで、約3.8kmの川沿いに約800本のソメイヨシノが咲き並びます。

特に有名なのが、東急東横線「中目黒駅」の周辺。山手通りの手前にある「中の橋」は写真スポットとして人気で、ドラマの撮影などでもたびたび登場する場所です。

「目黒川の桜は散り始めが最も綺麗」。そう感じる方が、もしかすると多いかもしれません。「桜吹雪」と川面を敷き詰めながら流れる「花筏(はないかだ)」はとても美しく、一度は見ておきたい景色です。お花見期間限定でクルージングも運行されるので、要チェック! 船からのお花見は格別な思い出になること間違いなしです。

桜・お花見情報

桜の見頃:例年3月下旬~4月上旬
アクセス:電車:①田園都市線「池尻大橋駅」からすぐ②東急東横線・日比谷線「中目黒駅」から徒歩で約2分③JR・東急目黒線「目黒駅」から徒歩で約6分④東急目黒線「不動前駅」から徒歩で約10分
その他お花見情報:桜の本数:ソメイヨシノ約800本、トイレ設置:あり、お花見期間中の屋台:イベント会場で出店

林試の森公園

河津桜やソメイヨシノが咲き誇る

平成元年に開園した「林試の森公園」は、林業試験場の跡地を整備して造られた公園です。西側の大きな広場には、ソメイヨシノが囲むように連なっており、美しい表情を見せてくれます。

また、東側の芝生広場には河津桜もあり、2月下旬から3月中旬という早い段階で濃いピンク色の花を咲かせます。のんびりと園内を散策しながら、お花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

桜・お花見情報

桜の見頃:3月下旬~4月上旬
アクセス:電車:東急目黒線「武蔵小山駅」から徒歩で約10分
バス:「林試の森入り口」バス停からすぐ
その他お花見情報:桜の本数:ソメイヨシノ・河津桜など約300本、アルコール類持ち込み:可、トイレ設置情報:あり、ゴミ箱設置情報:なし

碑文谷公園

ボートに揺られながら、特等席でお花見を

周辺に住んでいる人たちの憩いの場である「碑文谷公園」。園内の中心に「弁天池」という大きな池があり、休日には有料ボートに乗りながらお花見を楽しむことができます。

また、「こども動物広場」では、ウサギやモルモットと触れ合えたり、乗馬や引き馬を楽しめる場所もありますよ。東急東横線「学芸大学前駅」の周辺は商店街なので、お花見の肴にお団子でも買って訪れてみては。

桜・お花見情報

桜の見頃:例年3月下旬~4月上旬
アクセス:電車:東急東横線「学芸大学前駅」から徒歩で約6分
その他お花見情報:桜の本数 約80本(ソメイヨシノほか)ライトアップ なしトイレ設置 あり

駒場公園

美しい洋館と桜のコントラスト

東京都目黒区駒場にある「駒場公園」は旧前田家の前田利為侯爵駒場邸跡にあり、園内には旧前田家本邸洋館、和館、芝生広場、日本近代文学館があります。

春になると、重要文化財の旧前田家本邸の傍の桜が見事に咲き誇ります。風雅なお屋敷と桜を眺め、芝生でゆっくり過ごすのがおすすめ。また、旧前田家本邸和館の1階広間は無料休憩所になっており、縁側からは美しい日本庭園が望めます。

桜・お花見情報

桜の見頃:例年3月下旬~4月上旬
アクセス:電車:①京王井の頭線「駒場東大前駅」から徒歩で8分②小田急線「東北沢駅」から徒歩13分

かむろ坂

どこまでも続く桜のトンネル

かむろ坂の名前の由来は諸説あるようですが、歌舞伎「浮世柄比翼稲妻(うきよつかひよくのいなづま)」で演じられる白井権八と相愛の遊女小紫の話にからむ名称という説が濃厚。

遊女小紫の使っていたお付きの禿(かむろ)が付近の池に身を投げたことから、これを哀れに思った近くの人が、なきがらを池の傍らの丘に葬り、いつとはなしに、地域の人びとから通りの名称として呼ばれるようになったと伝えられています。

かむろ坂の桜並木は、目黒線の不動前駅のすぐ近くに全長約480mに渡って続きます。沿道に並ぶ128本の桜が作り出すトンネルは圧巻の景色です。

桜・お花見情報

桜の見頃:例年:3月下旬~4月上旬
アクセス:電車:①東急目黒線「不動前駅」から徒歩で約1分②JR「五反田駅」から徒歩で約15分

戸越公園の桜

池の周りを散歩しながら桜鑑賞

「戸越公園駅」または「下神明駅」から徒歩約7分程のところにある戸越公園は、江戸時代、肥後国(熊本)藩主細川家の下屋敷の庭園跡を利用して造られました。

池を中心に渓谷や滝、築山などが配置された回遊式庭園で、薬医門(正門)、冠木門(東門)も残っています。

例年4月上旬ごろ桜が見ごろを迎え、庭園は一層華やかに。池の周りをゆっくり歩きながら桜を鑑賞してみては。

桜・お花見情報

桜の見頃:例年4月上旬
アクセス:電車:①東急大井町線「戸越公園駅」から徒歩で約7分②東急大井町線「下神明駅」から徒歩で約7分

東品川海上公園の桜

子どもも楽しめるお花見スポット

東京都品川区、目黒川が天王洲南運河に注ぎ込む河川部に位置した公園です。全体に芝生を張り、くじらをイメージした滑り台と運河沿いにボードウォークが設けてあります。春には、88本の桜の木が咲き、行く人の目を楽しませます。遊具もあるのでお子様連れにもおすすめのスポットです。

桜・お花見情報

桜の見頃:例年3月下旬~4月上旬
アクセス:電車:①東京モノレール「天王洲アイル駅」徒歩8分②りんかい線「天王洲アイル駅」徒歩7分③京急線「新馬場駅」徒歩10分

目黒区、品川区エリアの桜スポットを7カ所ご紹介しました。お花見スポットとして有名な中目黒駅周辺の目黒川から穴場まで、桜を楽しめるスポットがたくさんありますよ。

※本記事はよりみち情報サイト「ロコナビ」で掲載されていた記事(2021年3月掲載)の譲渡を受け、掲載しています。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。