【名古屋・東海地方】ポピーのおすすめ花畑・見頃5選!2024
更新日2024年03月15日/公開日2024年03月13日

【名古屋・東海地方】ポピーのおすすめ花畑・見頃5選!2024

見る

今回は、名古屋近郊・東海地方で訪れるべきポピーのおすすめ花畑5選をご紹介。2024年、春から初夏にかけて、週末のおでかけにもおすすめのスポットを厳選しました。

見頃の時期やアクセス、観賞できるポピーの種類なども紹介しているので、参考にしてくださいね♪

※内容は一部変更または中止になる可能性があります。最新情報および詳細は、公式サイトをご確認ください

【愛知】愛知牧場

シャーレーポピーの迷路を満喫!

名古屋近郊のレジャースポットとしても人気の「愛知牧場」には「季節のお花畑」があり、花に囲まれた迷路にもチャレンジできます。

例年5月には一面のシャーレーポピーが花盛りに。

ほか、乳しぼり体験やバター作り体験などイベントも盛りだくさん。春の一日をおもいっきり楽しめます。

ポピー開花情報

ポピーの種類:シャーレーポピー
見頃の時期:例年5月上旬~5月中旬
営業時間・定休日:各施設ごとに営業日・営業時間に季節変動があるため、愛知牧場公式サイトでご確認ください。また、牧場自体には定休日はなく、牧場内施設によって定休日がありますので、あわせてご確認下さい。
料金:牧場の入場は無料(季節のお花畑迷路は3歳以上100円。施設ごとに料金設定あり)
アクセス:電車:名鉄豊田線「黒笹駅」から徒歩で約10分。

公式サイト

【愛知】138タワーパーク

ツインアーチ138を背景に広がる赤いじゅうたん

愛知県一宮(いちのみや)市の名前にちなみ、高さが138mの展望タワー「ツインアーチ138」を持つ「138タワーパーク」には、約3,200株の四季咲きのバラが植えられている「ローズストリーム」や、季節ごとの花が美しい「花畑」「花の小径」などがあります。

5月にシャーレーポピーが開花すると、花畑は一面が赤いじゅうたんのように。また、大芝生広場や子供たちに人気の遊具もあり、花以外でも楽しめるレジャースポットです。

ポピー開花情報

ポピーの種類:シャーレーポピー
見頃の時期:例年5月上旬~5月下旬
開園時間:9:30~17:00 ※8月13日~8月15日及び 11月23日~12月25日は9:30~21:00
休園日:1・2・6月毎週月曜、8月第4月曜、ほかの月は第2月曜(祝日の場合は翌平日が休園)
料金:入園無料(ツインアーチ138は有料)
アクセス:電車:名鉄「一宮駅」・JR「尾張一宮駅」より名鉄バス「一宮総合体育館行き」で約30分、「138タワーパーク」下車車:①東海北陸自動車道「一宮木曽川IC」から約8分②名神高速「一宮IC」から国道22号線を北上し約20分

公式サイト

【三重】花開道

一面オレンジの花畑が壮観!

三重県伊勢市の津村町・県道22号沿いにあるのが「花開道」(花"街"道ではありません)。地域の婦人会や老人会などが約1.5ヘクタールの遊休の農地を花畑にして、季節の花を育てています。

5月の季節には、カリフォルニアポピーのほか、ルピナスやビオラなども咲き誇ります。風に揺れる一面オレンジのカーペットはじつに壮観。また、花畑には今にも動き出しそうなカカシがたくさんいるのも名物です!

ポピー開花情報

ポピーの種類:カリフォルニアポピー
見頃の時期:例年5月上旬~5月下旬
開園時間:制限なし
休園日:なし
料金:なし
アクセス:車:県道22号線「津村町」交差点より西にすぐ。

【岐阜】ぎふワールド・ローズガーデン(旧花フェスタ記念公園)

80.7ヘクタールの広大な公園で一日ゆっくりと鑑賞

1995年に開催された花の博覧会「花フェスタ‘95ぎふ」の会場を岐阜県が再整備し、翌年オープンした「花フェスタ記念公園」。2021年にリニューアルし、「ぎふワールド・ローズガーデン」に生まれ変わりました。

80.7ヘクタールの広大な敷地が広がる園内では、さまざまな花をゆっくり観賞することができます。

また、約6,000品種2万株のバラが植えられた世界最大級のバラ園にも注目!

ポピー開花情報

ポピーの種類:ポピー
見頃の時期:例年5月上旬~5月中旬
開園時間:4月1日~11月中旬9:00~17:00 (最終入園16:30)、11月中旬~3月31日9:30~16:30 (最終入園16:00)※イベント期間中は変更あり
休園日:毎週火曜(祝日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日
料金:通常:大人520円、高校生以下無料 ※イベント期間中は変更あり
アクセス:電車:JR「可児駅」・名鉄「新可児駅」からバスもしくはタクシーで10分。
車:①東海環状自動車道「可児御嵩IC」から約5分。②中央自動車道「多治見IC」から約20分。

公式サイト

【愛知】フラワーパーク江南

木曽三川公園の中でも四季折々の花が見られる名所

「フラワーパーク江南」は2007年3月に公募で決定された愛称で、正式名称は江南花卉園芸公園(こうなんかきえんげいこうえん)です。

国営木曽三川公園のひとつで、名前のとおり国営木曽三川公園の中でも、四季折々の花が見所の公園です。

園内の花畑エリアでは、菜の花やネモフィラのあとにシャーレーポピーが咲き始めます。

ポピー開花情報

ポピーの種類:シャーレーポピー
見頃の時期:例年5月上旬~5月下旬
開園時間:3月1日~11月30日9:30~17:00(7月15日~8月31日の土日祝日は~19:00)、12月1日~2月末日9:30~16:30
休園日:1・2・6月毎週月曜、3・4・5・7・9・10・11・12月第2月曜、8月第4月曜(祝日の場合は翌平日) 、12月31日~1月1日
料金:入園無料
アクセス:電車:名古屋鉄道犬山線「江南駅」からタクシーで約15分。もしくは名鉄バス「江南団地経由江南厚生病院行」に乗車し「音楽寺」で下車後、徒歩で約10分。
車:①名神高速道路「小牧IC」から約11km。②東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」または「一宮木曽川IC」から約8km。

公式サイト

東海地方のポピーの名所は比較的交通の便が良く、名古屋から日帰りでもおでかけできるスポットも。ぜひ訪れてみてくださいね!

※本記事はよりみち情報サイト「ロコナビ」で掲載されていた記事(2021年5月掲載)の譲渡を受け、掲載しています。イベント情報、ポピーの開花情報などの内容の一部は2024年の最新情報に差し替えを行い、掲載をしています。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。