静岡・東伊豆町の人気観光スポット10選!2024GWにおすすめ&日帰り◎
更新日2024年04月08日/公開日2024年03月27日

静岡・東伊豆町の人気観光スポット10選!2024GWにおすすめ&日帰り◎

体験する
歴史・文化を感じる

静岡県・伊豆半島のなかでも、とりわけ多くの温泉に恵まれている東伊豆町。じつは温泉以外にも、魅力的なスポットがたくさんあります。

そこで今回は、東伊豆町の観光名所、穴場、イベントを10選ご紹介。GW&夏休みなどの家族旅行はもちろん、週末の気軽な日帰り旅にもぴったりです。

※内容は一部変更または中止になる可能性があります。最新情報および詳細は、公式サイトをご確認ください

伊豆アニマルキングダム

希少なホワイトタイガーが間近に迫る!

東伊豆町の観光スポットといえば「伊豆アニマルキングダム」。迫力の猛獣から、可愛らしいモルモットまで、66種類・約600匹の動物たちが暮らしています。

園内の中心となるのは「ウォーキングサファリ」。サイやキリンが間近に迫ってくるほどの距離感がポイント!実際に頭を撫でたり、餌をあげたりすることができ、園内を歩きながら動物たちを身近に感じられます。

伊豆アニマルキングダムの目玉といえば、ホワイトタイガー。世界250頭・国内30頭しかいない希少な猛獣として知られており、同園では5頭を飼育。日本最大の飼育数を誇っています。真っ白な毛並みが美しい、ホワイトタイガー。観るだけでも貴重な体験ですが、餌やりをすることもできますよ。

また、ぜひ立ち寄りたいのが、レストラン「アニマルキングダム」。窓ガラス越しにホワイトタイガーやライオンを鑑賞でき、食事をしながら猛獣の自然な姿を楽しめます。そのほか、敷地内には遊園地やパターゴルフ場も併設されており、老若男女が楽しめるスポットです。

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344 伊豆アニマルキングダム
営業時間:9:00〜17:00(10月〜3月は16:00まで)
休園日:2024年6月11~13日、12月17~19日
料金:大人:2,800円、4歳〜小学生1,400円、3歳以下無料
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆稲取駅」から「伊豆アニマルキングダム」行きバスに乗車し、終点下車、徒歩すぐ。
車:西湖バイパス・石橋ICから約120分。
駐車場:あり。750台(有料)

公式サイト

熱川バナナワニ園

ワニの飼育種類は日本一!温泉熱を利用した熱帯環境

熱川温泉の最寄り駅「伊豆熱川駅」からほど近い場所にある「熱川バナナワニ園」。ワニの飼育種類が日本一で17種140頭(交雑含む)のワニが飼育されています。また、日本で唯一、アマゾンマナティーとニシレッサーパンダを展示している非常に珍しいスポットです。


東伊豆町は温泉の集まる場所。100度近い温泉熱を利用して発電する仕組みにより、熱川バナナワニ園では熱帯の環境が再現されています。そのため、約5,000種類の熱帯植物も栽培されており、植物園としても楽しむことができます。

分園、本園植物園、本園ワニ園の3つのエリアに区分。写真や映像でしか観る機会のないワニですが、熱川バナナワニ園ではガラス張りの水槽を採用しており、詳細な姿を間近で観察することができます。種類によって様々な表情があるので、見かけるたびに驚くことでしょう。

また、植物園では希少な熱帯植物も栽培されています。例えば、フィリピンで絶滅危惧種として保護されている「ヒスイカズラ」という豆科の植物。毎年4月上旬〜5月上旬に青緑の美しいヒスイ色の花を咲かせます。また、ヒスイカズラは国内で初めて開花させたのはここ、熱川バナナ園です。常時60種類以上見ることのできる熱帯性スイレンは見事で、一番の人気を誇ります。


併設のフルーツパーラーでは園内で採れたバナナとパパイヤをいただけます! 熱川温泉地から徒歩数分。温泉の名所でしか体験できない、熱帯地域の面白さを堪能しませんか?

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
営業時間:8:30〜17:00(最終入園 16:30)
定休日:年中無休
料金:中学生以上2,000円、4歳〜中学生1,000円、4歳未満無料
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆熱川駅」から徒歩約1 分。
車:①東名自動車道「厚木IC」→小田原・厚木自動車道石橋IC→国道135号線。②東名自動車道「沼津IC」→国道1号→国道136号線→県道12号線→国道135号線。
駐車場:あり。無料駐車場(大型バス10台、乗用車150台分)

公式サイト

お湯かけ弁財天

熱川温泉の起源!3つのご利益があるパワースポット


熱川温泉のパワースポットとして知られる「お湯かけ弁財天」。最寄り駅の「伊豆熱川駅」から少し歩けば、もうもうと湯気が立ち上る櫓(やぐら)が目印です。

櫓の足元からは約100度にもなる温泉と湯気が湧き出ています。また、お湯かけ弁財天には3つのご利益があると伝えられています。

お湯かけ弁財天の像

その昔、熱川の土地の所有者が、夢のお告げによって温泉を掘り当てたのがはじまり。

夢枕に現れた弁財天の「この土地を掘れば温泉が湧き、我が像を建て、湯をかけながら願いを唱えればかんらず願いが叶う」という言葉の通りになり、感謝の意を込めて像が建てられました。像にお湯をかけ、願いを唱えれば叶うといわれています。

縁結びの木と呼ばれる梛木(なぎ)の木

神様が宿る神聖な木、木の葉が裂けにくいということから、縁結びのご利益があると伝えられています。また、恋心を抱いている人の名前を絵馬に書き、枝に結べば願いが叶うとされ、女性客やカップルが訪れる名所としても知られています。

銭洗いの池

籠に入れた小銭を櫓から噴き出てい温泉で洗うと、金運が上がるとされています。

そのほか、温泉の湯気を活かして「温泉茹でたまご」を作ることもできます。10〜15分ほどで茹で上がり、塩泉のためやさしい塩味が美味。駅前の熱川観光協会で地元産の卵を販売しているので、忘れずに買っておきましょう!

■スポット概要
住所:静岡県東伊豆町熱川温泉
料金:無料
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆熱川駅」から徒歩で約3分。

公式サイト

雛のつるし飾りまつり

江戸時代から続く、やさしい親心から生まれた伝統文化

東伊豆町にある6つの温泉のひとつ「稲取温泉」。せっかく訪れるなら、「雛のつるし飾りまつり」が開催している時期がおすすめ。例年1月〜3月に開催され、「日本三大つるし飾り」のひとつとして有名です。

つるし雛は伝統的な風習のひとつ。長女が初めて迎える節句の時期に、健康・良縁を祈るため、猿や桃を模した人形を雛壇の周りに飾りつけます。福岡県柳川市「さげもん」、山形県酒田市「傘福」、伊豆稲取の3つの地域に根付く文化で、総称して全国三大つるし飾りと呼ばれています。

そのなかでも、伊豆稲取のつるし雛の歴史は古く、始まりは江戸時代後期。高級品のお雛様を用意できない家庭のなか、「愛しい孫や子どものために手作りで初節句を祝おう」という親心から生まれたと伝えられています。

飾りの一つひとつに想いが込められているのが、興味深いポイント。例えば、「桃」は邪気・悪霊を退治する延命長寿の意味、「猿」は厄がさる、難がさるの意味、「うさぎ」は赤い目に呪力があって神様の使いの意味などがあります。

雛のつるし飾りまつり開催中は、稲取温泉の各所で飾り付けが展示。メイン会場「稲取文化公園 雛の館」、「むかい庵」、「なぶらとと」、「ふたつぼり」の4会場です。飾り付けはお土産に購入もできるので、お気に入りのひとつを見つけてみてはいかがでしょうか。

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1729 稲取文化公園 稲取文化公園雛の館 ほか
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆稲取駅」下車。
車:①東名高速道路「厚木IC」から「石橋IC」を経由。②東名高速道路「沼津IC」から「河津」を経由。
駐車場:あり。温泉地の周辺に有料駐車場
その他:「雛のつるし飾りまつり」は例年1月下旬〜3月下旬に開催

公式サイト

素盞嗚(すさのお)神社

378体のお雛様が並ぶ、「雛のつるし飾りまつり」の開催地

元和3(1617)年に創立されたとされる「素盞嗚(すさのお)神社」。伊豆急行線「伊豆稲取駅」から徒歩10分の場所に鎮座しています。

素盞嗚神社は、稲取温泉に並ぶ「雛のつるし飾りまつり」の開催地。例年1月から3月末にかけて、本殿に向かう階段117段を雛壇に見立て、378体のお雛様が飾られます。なんと毎朝飾って、夕方に全て片付けるのだそう。お祭り期間中はとても大変そうです。

お雛様が並ぶ姿は圧巻の一言! 鳥居に向かってずらりと並びます。階段があまりにも長く、上半分は小さく見えるくらい。歩道を使えば上に登ることもでき、上下に飾られたお雛様を見られますよ。

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取15
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆稲取駅」から徒歩約9分。
雛段飾り開催時間:10:00〜15:00(雨天中止)
その他:雛のつるし飾りまつりでの飾り付けは例年2月〜3月

公式サイト

東伊豆町風力発電所

東伊豆町のエコシンボル、迫力満点の風車

見上げると後ろに倒れてしまいそうになるくらい、大きな風力発電のある「東伊豆町風力発電所」。間近まで車で取り入れることができ、誰でも自由に見学ができます。

平成15年に運転を開始した東伊豆町風力発電所。600kWを発電できる風力発電が3基あり、東伊豆町のエコシンボルとなっています。環境教育の拠点にもなっており、夏休みには子どもたちが見学に訪れることも。迫力満点の風車に歓声が湧き上がります。

また、東伊豆町風力発電所からの眺めは最高で、伊豆諸島や天城山、天気に恵まれると房総半島まで望むこともできます。「伊豆アニマルキングダム」からも近いので、あわせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

※2024年3月現在、故障中のため進入・見学ができません

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町白田
お問い合わせ0557-95-6202
アクセス:電車:伊豆急線「伊豆稲取駅」からタクシーで約10分。
車:東名高速道路「沼津IC」から約1時間30分。
駐車場:あり。浅間山展望台駐車場から徒歩約7分

公式サイト

熱川海水浴場(YOU湯ビーチ)

東伊豆町で唯一の砂浜海岸、水平線に浮かぶ伊豆七島

伊豆急行線「伊豆熱川駅」が最寄駅。東伊豆町で唯一の砂浜海岸「熱川海水浴場(YOU湯ビーチ)」です。

温泉街から近く、夏場には多くの観光客で賑わう熱川海水浴場。足が届かない子供でも安心で、シーサイドプールが併設されています。海の家やトイレ、ライフセーバーなどの設備も備えているので、夏の海を存分に楽しめるでしょう。

高い波が打ち寄せるエリアもあり、時期によってはサーフィンもできます。また、水平線の向こうには伊豆七島が連なり、冬場でも美しい景色を望めますよ。

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本
営業期間:海水浴7月下旬~8月下旬
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆熱川駅」より徒歩約5分。
車:東名高速道路「厚木IC」から国道135号経由99km、約2時間10分。
駐車場:あり。無料駐車場30台

公式サイト

シラヌタの大杉

推定樹齢は1000歳!伊豆半島第一級の老巨木

東伊豆町が誇る大木「シラヌタの大杉」。林野庁選定の「森の巨人たち百選」に選ばれており、眼下の人々を見守っています。

推定樹齢は1000歳!高さ45m、幹周816cmで、伊豆半島第一級の老巨木です。長年の雨風を受けてきた老木特有の縦じわが走っていて、大きく広げた枝はまるで風のうねりのよう。今もなお大地の上で生きている生命力を感じられます。

昭和56年には東伊豆町の文化財にも指定。シラヌタの大杉の周辺は学術参考保護林となっており、周辺の自然生態系が守られています。手付かずの森林の空気を大きく吸いこみながら、シラヌタの大杉に活力を分けてもらいましょう。

■スポット概要
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町片瀬
アクセス:電車:伊豆急行「片瀬白田駅」から約30分の「遊歩道入り口」から徒歩で約20分。
駐車場:あり

公式サイト

伊豆急行

伊豆海岸線を走る、昔懐かしいレトロ車体

静岡県の伊東市から下田市を結ぶ鉄道路線「伊豆急行」。車窓からは大海原を望むこともでき、観光列車さながらの旅気分を味わえます。

なかでも、期間限定で走る「レトロ電車100系」が人気。昭和63(1961)年に伊豆急行が開業されたときから在籍しており、淡い水色とマリンブルーの車体が伊豆半島っぽい雰囲気を表しています。

現在はイベントなどでのみ走っており、例年10月〜1月に開催される「ぶらり旅」では多くの観光客が利用。「上り編」と「下り編」の2コースが設定されており、昔懐かしい車内で豪華なお弁当をいただいたり、途中下車してみかん狩りなども楽しめます。

写真の駅は「伊豆北川(ほっかわ)駅」。北川温泉の最寄駅でもあります。

海を望む位置にあり、開放感と眺望が素晴らしく、写真を撮るにもうってつけ。無人駅で観光客も少ない穴場スポットですよ。

■スポット概要(伊豆急行・伊豆北川駅)
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本宮ノ上
アクセス:電車:伊豆急行「熱海駅」から約1時間。

公式サイト

稲取 細野高原

黄金に輝くススキの絨毯と標高800mからの絶景コラボ

東京ドーム26個分、総面積125haにもおよぶ「稲取細野高原」。広大な高原を埋め尽くすほどのススキが生い茂り、毎年10月上旬から11月上旬に見頃を迎えます。

三筋山(みすじやま)の標高400m〜800mに広がる、稲取細野高原。高原内には遊歩道が縫うように整備されており、ススキ原をゆっくりと山頂まで登っていくことができます。風に吹かれて優雅に揺れるススキの姿は魅惑的。太陽に照らされれば、さらに神々しさを増します。

ちなみに、ススキ原の出発地点は標高400m付近。そこから標高800mまで歩いて登れますが、体力的に難しければシャトルタクシーを利用することもできます。

遊歩道を登っていくと、高原を見下ろすこともできます。眼下に埋め尽くされたススキは黄金の絨毯のようで、しばし圧倒されることでしょう。

また、三筋山の山頂付近からの景色も最高! 相模灘の方面を向けば伊豆諸島や三宅島など、北側には雄大な天城連山を望むことができます。標高800mからの自然美とススキ原の2つの絶景を見られるのはここだけですよ。

■スポット概要
住所:静岡県東伊豆町稲取
定休日:雨天中止
料金:「秋のすすき観賞会」開催中の入山料:中学生以上1,000円(町内お買い物券400円分付き、小学生以下無料)
アクセス:電車:伊豆急行「伊豆稲取駅」から路線バスで約30分。
車:国道135号線「稲取温泉入口看板」から約15分。
駐車場:あり。普通車100台
その他:「秋のすすき観賞会」開催は例年10月上旬〜11月上旬

公式サイト

四季折々の体験が楽しめる東伊豆町は、都内から電車で約2時間30分と好アクセスなのもポイント! おでかけするたびに新たな魅力に出会えますよ。

※本記事はよりみち情報サイト「ロコナビ」で掲載されていた記事(2019年1月掲載)の譲渡を受け、掲載しています。イベント情報や施設情報など内容の一部は2024年の最新情報に差し替えを行い、掲載をしています。

記事を書いた人

いこーよとりっぷ編集部

「いこーよとりっぷ」では、地域の伝統行事や季節毎のイベント情報など、地域の魅力を発信し、親子にとって「10年先も思い出す」おでかけ体験を提供していきます。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。