東武鬼怒川線に乗って花めぐり<br/>親子で楽しむスタンプラリー
公開日2022年04月25日/更新日2022年05月13日

東武鬼怒川線に乗って花めぐり
親子で楽しむスタンプラリー

体験する
自然とふれあう

栃木県日光市を走る東武鬼怒川線の沿線で、2022年4月29日(金・祝)から5月31日(火)までの期間、沿線で見られる花を巡りながらスタンプラリーを楽しめる「お花巡りスタンプラリー」が開催されます。

ゴールデンウィークの日光鬼怒川エリアへの家族旅行にもぴったり! 東武鬼怒川線沿線の花の見どころとスタンプラリーをご紹介します。

季節の花や自然の景観が美しい!東武鬼怒川線沿線の魅力

大谷向駅のそばに咲くタチアオイ
大谷向駅のそばに咲くタチアオイ

東武鬼怒川線は栃木県日光市の「下今市駅」と「新藤原駅」を結ぶ鉄道です。途中駅には、「東武ワールドスクエア駅」や「鬼怒川温泉駅」など全国有数の観光名所の駅も。同じ区間では観光用の蒸気機関車「SL大樹」も運行しているので、家族旅行におすすめなんです。

線路沿いには豊かな自然が広がり、季節ごとの花々や景色を車窓から楽しめます。

全7カ所のスタンプを集めながら、二重並木を親子で歩こう!

新高徳駅に咲くアジサイ
新高徳駅に咲くアジサイ
大桑駅最寄りの倉ケ崎SL花畑に咲くそばの花
大桑駅最寄りの倉ケ崎SL花畑に咲くそばの花

今回のスタンプラリーでは、全部で7カ所にスタンプ台が設置されています。「下今市駅」の構内の「SL展示館」や、「下今市駅」の旧跨線橋(こせんきょう)を改修し昭和レトロな世界観が楽しめる「旧跨線橋レトロギャラリー」など、どこも日光エリアのおすすめ観光スポット。スタンプを集めながら日光観光を楽しめますよ。

大桑駅最寄りの会津西街道史跡「二重並木」
大桑駅最寄りの会津西街道史跡「二重並木」

スタンプ台の1つは、江戸時代から続く有名な会津西街道の「二重並木」の最寄り駅「大桑駅」にも設置されています。

会津西街道は、江戸時代の参勤交代に使われていた道で、「二重並木」は徳川家の忠臣の松平正綱が20年余りの年月をかけて道沿いに20万本以上もの杉を植樹したもの。この杉並木は日光街道、日光例幣使街道と合わせて、「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定されているほか、国内で唯一特別史跡と特別天然記念物の2つの指定を受けています。

スタンプカードを完成させて、オリジナルグッズをもらおう!

スタンプを6カ所集めると参加賞のオリジナルボールペンが全員にプレゼントされます。また、7カ所すべて集めるとオリジナル種袋に入ったコスモスの種のプレゼントがあるほか、オリジナルノベルティが当たる抽選会に参加できますよ。

2022年のゴールデンウィークは、親子で電車に乗って、日光鬼怒川エリアを回りながら季節の花々を楽しんでみてはいかがでしょうか。歴史ある杉並木「二重並木」を歩く休日もいいものですよ。

■お花巡りスタンプラリー
開催期間:2022年4月29日(金・祝)~5月31日(火)
スタンプラリー台紙配布場所・参加特典引き渡しおよび抽選場所:下今市駅構内SL展示館2階カウンター
※1人、1日1枚まで
※2枚以上希望の場合、実施期間中のSL大樹の記念乗車券1枚につき1枚配布
参加特典:
スタンプ6個完成:オリジナルボールペン(参加者全員)
スタンプ7個完成:
オリジナル種袋に入ったコスモスの種(参加者全員)
さらに抽選で、
特賞 大樹オリジナルハンド扇風機(10名)
金賞 江戸村のれん 赤・紫(15名)
銀賞 江戸村ヘッドカバー赤・紫(50名)
銅賞 フォトスタンド(100名)

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。