ゴンドラに乗って山たけのこを収穫<br/>初夏の苗場の魅力を満喫しよう!
公開日2022年05月20日/更新日2022年05月30日

ゴンドラに乗って山たけのこを収穫
初夏の苗場の魅力を満喫しよう!

体験する
自然とふれあう

「苗場プリンスホテル」(新潟県湯沢町)では苗場観光協会と連携し、「苗場スキー場」敷地内にある筍山で「山たけのこ」の収穫体験ができる宿泊プランを販売しています。

プランの対象となる宿泊日は2022年6月11日(土)、18日(土)、25日(土)の3日。

初夏のスキー場で楽しむ、山たけのこ収穫体験の魅力をご紹介します。

新緑がまぶしい苗場の山で新鮮な山たけのこを収穫しよう!

「苗場プリンスホテル」の目の前に広がる「苗場スキー場」の付近には、登山が楽しめる山々がいっぱい! 今回のプランで山たけのこの収穫体験をする「筍山」は、標高1,789mの山頂付近までゴンドラで登っていくことができるので、夏季シーズンに子供と一緒にハイキングにもおすすめの山です。

山頂からは新潟県内の山はもちろん、群馬県や長野県の山々が見渡せます。

今回のプランは、地元の方々と一緒にゴンドラに乗車し山頂まで一気に登っていくので、体力に自信のない小さなお子さんでも安心。山頂付近に多く生えている「山たけのこ」を収穫していきます。

※「山たけのこ」を採るのは竹やぶのなかに入っていくので、子供は必ず大人と離れずに、一緒に採りましょう。また、服装も長袖、長ズボン、長靴を履いていきましょう。

「山たけのこ」ってどんなたけのこ?

今回、収穫をする「山たけのこ」は「根曲がり竹」とも言われ、一般的な孟宗竹(もうそうちく)の「たけのこ」とは違い、「チシマザサ」の若竹のことを指します。

孟宗竹のたけのこに比べて細くて小さいので、鍬をつかうことなく、根元を折って収穫できるので、子供でも簡単に収穫できるのが特徴。

山頂で食べるお昼ごはんは格別!

山たけのこ採りを楽しんだ後は、山頂でお昼ごはんを楽しみましょう。お昼ごはんのメニューは、山たけのこが入ったカレー。旬の山の幸を味わう喜びを親子で感じられます。

収穫した「山たけのこ」は持ち帰ることもできますので、お家に帰って親子で料理を楽しんでみるのもいいですね。

山たけのこ採りは竹やぶのなかを歩いて行きますので、汚れてもいい服装でおでかけしましょう。長袖、長ズボンに長靴を履いていくことをおすすめします。

1年のうちでこの時期だけ楽しめる、貴重な「山たけのこ」を自分で収穫して食べる経験ができるこのプラン。

夏が来る前の屋外が気持ちのいい季節に、親子で自然を感じにおでかけしませんか。

■山たけのこ採り放題体験 宿泊プラン
期間:2022年6月11日(土)、18日(土)、25日(土)、~1泊
料金:1人16,100円~(1室3名利用時)
※料金には、1泊室料、山たけのこ山菜イベント参加料、夕食、朝食、昼食、サービス料、消費税が含まれます。
持ち物:手袋(軍手もしくはゴム手袋)、雨具(上下のもの)、タオル、採った山たけのこや山菜を入れる袋(濡れても大丈夫なもの)

プラン詳細
◆1日目
12:00 苗場プリンスホテル チェックイン
17:30~20:00 夕食(三国街道味めぐり)

◆2日目
6:30~8:00 朝食
8:00より 4号館フロント集合
8:25より のぼりゴンドラ乗車開始
9:00より 山たけのこ採り体験
10:30より 昼食
12:30より くだりゴンドラ乗車開始
17:00まで 苗場プリンスホテル チェックアウト

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。