小谷村の大自然で育む生きるチカラ<br/>自然体験&アクティビティを満喫!
公開日2022年06月06日/更新日2022年06月06日

小谷村の大自然で育む生きるチカラ
自然体験&アクティビティを満喫!

体験する
自然とふれあう

長野県内の最も北西にある小谷村(おたりむら)は、「妙高戸隠連山国立公園」と「中部山岳国立公園」の2つの国立公園が村のなかにある豊かな自然が自慢の村。

そんな豊かな自然を生かし、子供達が本物の自然体験を経験できるプログラム「子ども×自然体験プロジェクト」が2022年の夏にスタートします。夏から秋にかけて行われる3つのプロジェクトをご紹介します。

小谷村ってどんなところ?

長野県小谷村は、長野県のなかでも一番北西にあるまち。県内では長野市と白馬村に接していますが、富山県や新潟県とも接しています。村の面積の88%が森林を占め、標高1,600m~2,800mの高い山が連なる自然豊かなまちです。

夏は登山やキャンプが楽しめ、冬は良質な雪質のゲレンデでスキーが楽しめるなど、1年を通して自然体験を満喫できます。

【プロジェクト第一弾】3泊4日の大冒険!キッズサマーキャンプ

第一弾のプロジェクトは「妙高戸隠連山国立公園」を舞台に子供達だけが参加するキッズサマーキャンプです。

キャンプ地は、「妙高戸隠連山国立公園内」にある「雨飾高原キャンプ場」。標高1,200mの場所にあり真夏でもさわやかな風が気持ち良く、夜は満天の星空が広がります。

プログラム内では、「妙高戸隠連山国立公園」内にある標高1,566mの「大渚山(おおなぎやま)」登山にチャレンジしたり、双眼鏡を片手に森の中で生き物の観察をしたり、小さな生き物を顕微鏡で覗いてみたりとさまざまな体験ができます。

なんと言っても、4日間家族と離れて過ごす経験は子供たちにとって貴重な経験。テントの設営や火おこし、夕食作りなどさまざまな体験を通して感謝の気持ちや協力することの大切さを学びます。

■National Park College Project 2022キッズサマーキャンプ supported by mont-bell
期間:
7月開催 2022年7月25日(月)~28日(木)3泊4日
8月開催 2022年8月22日(月)~25日(木)3泊4日
募集人数:各回40名程度
参加条件:小学4年生~中学3年生
参加費用:39,800円/1人(税込)
<費用に含まれるもの>
3泊9食、宿泊、食事、材料、指導料、プログラム料、施設利用料、保険料、消費税
※宿泊はテント泊です(天候次第でテント泊を中止する場合があります)
※JR長野駅までのチケットは予めご用意ください
集合解散:長野駅(新幹線改札)
募集期間:2022年5月20日(金)~6月7日(火)

公式サイト

お申込み

【プロジェクト第二弾】小谷村の自然を満喫!家族の絆を深めよう!

※現在定員に達したため、キャンセル待ちの受付を行っています。ご希望の方は、お申込みフォームよりお申し込みください。
※「質問」の欄に「キャンセル待ち希望」とご入力ください。


プロジェクト第二弾は毎回応募が殺到する大人気企画「おたりdeキャンプ」。家族みんなで「妙高戸隠連山国立公園」内の「大渚山」に登るチャレンジコンテンツや、小谷村の地域の人たちとの交流プログラムも。

また、森の中で切り出され本来捨てられてしまう間伐材を再利用し、キャンプ場の夜を灯すなど小谷村ならではの体験ができます。

■おたりdeキャンプ supported by Coleman
期間:
第3回 2022年7月29日(金)〜31日(日)
第4回 2022年8月26日(金)〜28日(日)
募集人数:各回30組程度
参加費用:29,800円/1組(税込)
※1組4名まで(未就学児は人数に含みません)
<費用に含まれるもの>
雨飾高原キャンプ場 サイト使用料・施設利用料、各プログラム料、保険料、消費税
募集期間:2022年5月20日(金)~6月19日(日)

公式サイト

お申込み

【プロジェクト第三弾】水上アクティビティや空中アクティビティも!自然をまるごと体験しよう!

第三弾のプロジェクトは白馬栂池最大級のアウトドアパークに泊まる体験です。

2022年夏にオープンする「TSUGAIKE Outdoor Village」は冬のゲレンデを活用したアウトドアパーク。自然散策だけなく、水上アクティビティや空中アクティビティまで多彩な体験ができます。

宿泊はキャンプのテント泊だけではなく、キャンピングトレーラー型グランピング施設も。小谷村の夏を満喫しましょう!

■TSUGAIKE Outdoor Village
営業期間:2022年7月15日〜10月23日(最終チェックイン10月22日)

公式サイト

未来を担う子供達に小谷村の本物の自然体験を通して五感を刺激し、心身の成長を促すことを目的にスタートしたこのプロジェクト。都市部では体験できない経験を小谷村で体験しませんか。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。