富士山を違った目線で楽しもう<br/>富士市の富士山登山ルート3776
公開日2022年08月30日/更新日2022年09月26日

富士山を違った目線で楽しもう
富士市の富士山登山ルート3776

体験する
歴史・文化を感じる

富士山は日本一高い山として、そして独立峰の優美な姿で古くから日本人に愛されている山の一つ。富士山の裾野にあるまちの1つ静岡県富士市は、海抜0mから富士山までが市の区域内にある日本で唯一のまちなんです。

そんな富士市が考案したのが「富士山登山ルート3776」。富士山をいつもとは違った目線で楽しめる新しい富士登山を紹介します。

海抜0mから日本一高い場所へ!富士市考案「富士山登山ルート3776」

「富士山登山ルート3776」は、海抜0mの地点から海抜3,776mの富士山山頂を目指すルートで、全長なんと約42kmの登山ルート。全部歩くと推奨日程は3泊4日になります。

ルートの途中には富士山の歴史や風土を感じられるスポットや観光を楽しめるスポットもたくさんあり、より富士山を身近に感じられるよう工夫されています。

「富士山登山ルート3776」は、歩く距離も長くハードルが高いルートのため、子供と一緒に全長約42kmの道のりを歩くのは難しいと思われた方も多いと思います。

そこで、いこーよとりっぷでは、「富士山登山ルート3776」で紹介されているスポットの中から、子供と一緒に楽しめて、富士市の魅力を存分に感じられるスポットをピックアップしてご紹介します。

全て歩かなくとも、富士市の魅力を感じることができますよ。

「富士山登山ルート3776」のスタート地点!ふじのくに田子の浦みなと公園

「ふじのくに田子の浦みなと公園」は、駿河湾に面した広大な敷地の公園。「富士山登山ルート3776」のスタート地点にもなっていて、天気の良い日には田子の浦港から富士山頂まで一望できる眺望が自慢の公園です。

園内に整備されている「富士山ドラゴンタワー」からは360度のパノラマが楽しめます。

富士市は富士山の豊富な湧き水を活用した製紙業のまちとしても有名ですが、夜になると「ふじのくに田子の浦みなと公園」から工場夜景を楽しむことができます。海に映る幻想的な工場夜景と富士山の景色を楽しめる絶景ポイントとしても知られています。

■ふじのくに田子の浦みなと公園
場所:静岡県富士市前田地先
駐車場:8:00~17:00

公式サイト

富士市に伝わるかぐや姫伝説を学ぼう!「富士山かぐや姫ミュージアム」


かぐや姫と言えば、多くの人がストーリーを聞いたことがある有名な昔話の1つ。古典文学の「竹取物語」として学んだという方も多いかと思います。

かぐや姫は最後には月に帰るというストーリーですが、富士市をはじめ富士山の周辺地域では、かぐや姫は富士山の神様で、月ではなく富士山に帰っていったというストーリーが伝承されています。

このストーリーは富士山周辺地域の中でも特に、富士山の南麓にある静岡県富士市や富士宮市が舞台になっています。

「富士山かぐや姫ミュージアム」では、かぐや姫伝説を紹介するコーナーだけではなく、歴史民俗資料館もあり、富士市の歴史についても学べます。

また、屋外には静岡県指定有形文化財にも指定されている市内で現存する最も古い民家「旧稲垣家住宅」があるなど、屋外展示も充実していますよ。

■富士山かぐや姫ミュージアム
開館時間:
夏期(4月~10月):9:00~17:00
冬期(11月~3月):9:00~16:30
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、12月29日~翌年1月3日
観覧料:無料
場所:静岡県富士市伝法66-2
電話番号:0545-21-3380

公式サイト

「富士山登山ルート3776」を自転車でチャレンジ!

「富士山登山ルート3776」のルートを簡単に巡ってみたいという親子には「富士市サイクルステーション」でレンタサイクルをして自転車でチャレンジしてみるのもおすすめです。

■富士市サイクルステーション
営業時間: 9:00~17:00
定休日:毎週水曜日(祝日に当たる場合はその翌日)、年末年始
場所:静岡県富士市八代町4-30
電話番号:080-9722-7300

公式サイト

富士市では「富士山登山ルート3776」のガイドマップを作成し、配布しています。ガイドマップ内には、今回ご紹介したほかにも富士市の魅力あふれるスポットや歩く際のアドバイスなどの情報がもりだくさん。

海抜0mから富士山山頂まで、さまざまなまちの表情を持つ富士市。ガイドマップを手に持ってのんびり巡ってみてはいかがでしょうか。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。