国内屈指の花火師による華麗な競演<br/>歴史と伝統のある花火大会
2022年11月23日

国内屈指の花火師による華麗な競演
歴史と伝統のある花火大会

第116回長野えびす講煙火大会(2022年)
だいひゃくじゅうろっかいながのえびすこうえんかたいかい
見る
長野県長野市

長野県長野市で、2022年11月23日(祝)に「第116回長野えびす講煙火大会」が開催されます。

全国屈指の花火大会の1つで、この地域では古くは江戸時代から花火が盛んであったと言われています。そんな歴史と伝統のある花火大会の見どころをご紹介します。

江戸時代に数万人もの人出!由緒ある伝統の煙火大会

現在の長野市の権堂町では、江戸時代に遊客を誘う方法の1つとして花火大会が開催されたと言われています。当時、数万人とも言われる見物人が押しかけたのだとか。

1899年に、現在の長野市内で行われていた商売繁盛・五穀豊穣・開運招福のお祭り「えびす講祭」の開催に合わせて、まちの有志たちが「えびすの神」に誠意と感謝を表し、「えびす講」の景気づけをしようと、「長野市大煙火大会」と銘打って花火を打ち上げたことが始まりです。

「えびす講祭」現在でも続いており、毎年11月18日から20日の3日間、多くの地元の人々で賑わっています。

日本初の二尺玉の打ち上げも

「長野えびす講煙火大会」では、全国屈指の花火師による仕掛けや演出が行われてきました。

1916年には、日本初となる二尺玉の打ち上げに成功、その後には、現在のスターマインの先例となる早打ちを成功させるなど、花火の文化の発展を支えてきました。

現代となった今でも、特大スターマインやミュージックスターマインなどの花火師の技術力が披露される花火大会として、その名を轟かせています。

2022年は打ち上げ場所を2カ所にして開催!

「長野えびす講煙火大会」は、2022年で116回目を迎えます。近年は新型コロナウィルス感染症の影響などで開催が延期されたりしてきました。2022年の「長野えびす講煙火大会」は感染症対策を講じ、打ち上げ場所も2カ所に分散して開催されます。

晩秋の澄んだ夜空に豪華な花火が打ち上げられ、毎年好評の音楽と花火のコラボレーションの「ミュージックスターマイン」などが約8,000発打ち上げられます。

歴史と伝統のある「長野えびす講煙火大会」。秋の夜長に豪華な花火を堪能できるイベントです。11月下旬の開催になりますので、暖かい格好でおでかけください。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名第116回長野えびす講煙火大会(2022年)
ふりがなだいひゃくじゅうろっかいながのえびすこうえんかたいかい
主催者名長野商工会議所・長野商店会連合会
開催期間2022年11月23日
開催時間18:00〜
※雨天決行
開催スポット長野大橋西側 犀川第2緑地・第1緑地
住所長野県長野市川合新田・安茂里
アクセス長野駅東口から徒歩約20分
駐車場駐車場なし
公式URL公式URLはこちら
公式SNS
公開日2022年10月28日/更新日2022年11月04日