蓮根(れんこん)<br/>【おせち料理の意味】
公開日2021年12月27日/更新日2021年12月27日

蓮根(れんこん)
【おせち料理の意味】

味覚

蓮根に込められた願いとは

蓮の花(れんこんの花)
蓮の花(れんこんの花)

「明るい未来と子孫繁栄」を願う

蓮根は、穴が多数あるため向こう側が見えるということから、「将来の見通しがよくなるように」という意味があります。また、蓮根は種が多く実ることとから「子孫繁栄」という意味も。

仏教では蓮の花は極楽浄土の池にで咲く花と言われており、清らかでけがれのない植物とされ、縁起が良い花だと言われているので、おせちに使われるようになったと言われています。

蓮根(れんこん)の主な収穫地

  • 茨城県土浦市
  • 佐賀県白石町
  • 徳島県   など

おせち料理とは

おせち(お節)料理の「節」とは、古くから日本で季節の節目にあわせて年に数回行われていた大切な行事のこと。その行事のために作られた、特別な料理のことを「お節」と呼ぶようになりました。

年に数回行われていた「節」の行事ですが、次第に「年神様」に感謝する「正月」が一番盛大に祝われるようになったため、正月のお祝い料理のことを庶民の間で「おせち」と呼ぶようになったと言われています。

出典元:
「おせち料理ってどんな料理?」(農林水産省)(https://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_menu/oseti/01.html)を編集して作成

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。