北アルプスの守り神が鎮座する<br/>上高地のパワースポット

北アルプスの守り神が鎮座する
上高地のパワースポット

明神池
みょうじんいけ
見る
長野県松本市

上高地で一番にぎやかな河童橋から、さらに奥へハイキングを楽しみながら約1時間。明神橋のたもとにあるのが「穂高神社奥宮」です。

同じ長野県の安曇野市にある「穂高神社」の奥宮で、北アルプスの守り神といわれる「穗髙見命(ほたかのみこと)」が祀られています。この境内にあるのが「明神池」。

深い森の中に突如と現れる静寂の池です。

豊かな自然を歩いた先にたどり着く神聖な場所

明神池は「穗髙見命(ほたかのみこと)」を御祭神とする「穂高奥宮」の境内にある神秘的な池。入り口で拝観料を支払い、中に足を踏み入れると目に入ってくるのが広大な「一之池」。

池の中ほどまで伸びる木製の桟橋の端に立つと、静寂に包まれた池と周囲の自然から神秘的なパワーが伝わってくるかのようです。思わず、神様に感謝の気持ちを伝えたくなりますよ。

池は明神岳の湧き水がたまってできたもの。

いつでも伏流水が湧き出ていて、冬になっても全面凍結しないそう。静かな池の中にはイワナなどの魚が泳ぎ、生き物の影も観察できます。

一之池から少し歩くと「二之池」が見えてきます。

こちらは一之池ほどの大きさはありませんが、池の中に横たわる岩石や立ち枯れた木々と調和した景色が大変美しく、まるで誰かが庭園として作り上げたかのような美しさ。

どこを切り取っても絵画のような風景が広がります。

華やかな平安装束が彩る年に一度のお祭り

毎年10月8日には、明神池で「穂髙神社奥宮例大祭(明神池お船祭り)」が行われます。

山の安全を守る神に感謝するお祭りで、華やかな平安装束をまとった神官や巫女が祝詞や舞を披露したあと、池を2隻の御船で周遊します。

ちょうど山々が紅葉で色づく季節に行われることもあり、紅葉の風景に華やかな平安装束が映える、明神池ならではの光景が見られます。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名明神池
ふりがなみょうじんいけ
住所長野県松本市安曇上高地 明神池
料金大人 300円 
小学生 100円
アクセス上高地バスターミナルから梓川沿いを徒歩約60分
駐車場駐車場なし
公式URL公式URLはこちら
公開日2021年07月30日/更新日2022年04月13日