オープンは土曜・祝日のみ<br/>懐かしさあふれる古民家カフェ

オープンは土曜・祝日のみ
懐かしさあふれる古民家カフェ

一日カフェ ゆらぎ
いちにちかふぇゆらぎ
食べる
茨城県久慈郡大子町

茨城県大子町にある「一日カフェ ゆらぎ」は、土曜と祝日のみオープンするちょっと特別なカフェ。大子町商工会女性部の有志団体「サークル結」が手がけるアットホームな雰囲気が魅力です。古民家を活用しており、和室でゆっくりとコーヒーやケーキが楽しめます。

どこか懐かしさを感じる落ち着いた雰囲気の店内

「一日カフェ ゆらぎ」は、JR水郡線「常陸大子駅」前にある商店街「大子デパート」にあります。駅からは徒歩2分ほどです。水色の縦長看板が目印です。

築65年以上の古民家を利用した店内各所には、衝立や掛け軸など和の風情を演出する調度品が置かれ、「おじいちゃん、おばあちゃんのおうち」を思わせるような懐かしい空間です。案内されるお部屋はどこも座敷なので、赤ちゃん連れファミリーも安心して過ごせますよ。

また、店内で目を引くのが、あちこちに飾られている折り紙で作られた作品。お部屋の入り口にすだれのようにかかっていたり、テーブル手にちょこんと置かれていたりと、店内を愛らしく彩ります。

店内の折り紙は、すべて地元の方が折って作ったものです。店員さんによる折り紙教室が開催されることもあるので、親子で一緒に参加してみてくださいね。

カフェメニューはケーキセットとドリンクのみ

「コーヒー」300円
「コーヒー」300円

「大子町に訪れた人が、散策途中に立ち寄れる“ちょっとした休憩スペース”」という考えのもと立ち上げられた同店。そのためカフェメニューは、コーヒーや紅茶、ココアなどのドリンク(350円)と、大子町の特産品であるリンゴを使ったアップルパイとコーヒーのセット(750円)のみとシンプルです。

また、店頭では大子町の特産品が販売されており、購入して自席で食べられます。昼食にもなる惣菜や漬物から、ちょっとしたおやつまで、時期によって商品も入れ変わり、一期一会の出会いが楽しめます。

とりっぷノート♡ここがお気に入り

古き良き昔の雰囲気が残り、穏やかな時間が流れているので、日常の忙しさを忘れられそうです。家族でひと息つくのにぴったりの場所です。(いこーよとりっぷライター・杞山穂花)

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名一日カフェ ゆらぎ
ふりがないちにちかふぇゆらぎ
住所茨城県久慈郡大子町大子712
電話番号0295-72-1380
営業時間土曜、祝日の9:30~17:00
定休日日~金曜(祝日の場合は営業)
料金ドリンク350円、アップルパイとコーヒーのセット750円
アクセスJR水郡線「常陸大子駅」から徒歩で約2分
駐車場駐車場なし
備考隣接する「文化福祉会館 まいん」に駐車可能
公開日2022年03月28日/更新日2022年03月28日