【東海】あじさいの名所・見頃5選<br/>雨の日におすすめ&親子に人気2024
更新日2024年05月20日/公開日2024年05月16日

【東海】あじさいの名所・見頃5選
雨の日におすすめ&親子に人気2024

見る
静岡県下田市、愛知県蒲郡市

本記事では、親子におすすめしたい東海エリアの紫陽花(あじさい)の名所を5カ所ご紹介します。

色とりどりの紫陽花が咲くスポットは、おでかけ先に悩みがちな梅雨の時期におすすめ。例年、見頃となる6月にはイベントも数多く開催されます。

スポットごとの開花時期・見頃もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

※内容は一部変更または中止になる可能性があります。最新情報および詳細は、公式サイトをご確認ください

【東海】花菖蒲の名所をチェック!

【静岡県下田市】下田公園

カラフルな万華鏡みたい!東海を代表する紫陽花の名所

静岡県下田市の「下田公園」は、春にはツツジ、初夏には紫陽花、冬には椿が満開となる自然公園。小高い丘の上にあり、下田港を一望できます。

園内には、野生種のガクアジサイをはじめ、和洋さまざまな品種の紫陽花が植えられており、その数は約15万株・300万輪。100品種以上と種類も豊富で、訪れた人を圧倒する紫陽花の名所です。

2024年イベント情報:伊豆下田温泉あじさい祭

紫陽花が見頃となる6月上旬〜6月下旬には、例年「伊豆下田温泉あじさい祭」が開催されます。400年以上もの歴史を持つ「下田太鼓」の実演は必見! 歩き疲れたら「あじさい茶屋」の「あじさいあんみつ」や「あじさいソーダ」でひと休み。紫陽花の鉢植えも購入できますよ。

開催期間:2024年6月1日(土)~30日(日)
開催時間:催しごとに異なる
入場料:無料

「伊豆下田温泉あじさい祭」を詳しくチェック!

■スポット概要
所在地:静岡県下田市3-3-1174
開花時期・見頃:例年6月上旬~6月下旬
定休日:なし(常時開園)
料金:入園無料
アクセス:
電車:伊豆急行「下田駅」から徒歩で約15分
車:東名高速道路・沼津ICから国道414号経由で約120分
駐車場:あり。あじさい祭期間中の 8:30~17:00、「ペリー上陸記念碑」前に臨時有料駐車場70台(1回500円)

【三重県津市】かざはやの里

丘陵地に広がる紫陽花の絶景

三重県津市にある風早池は、垂仁天皇が紀元35年に全国に作った800の灌漑池のひとつといわれています。

この池のほとりに広がる、約7万平方メートルの丘陵地に作られた「伊勢温泉ゴルフクラブ」の中にあるのが「かざはやの里」です。

約3万3,000平方メートルの丘に、45種7万7,700株もの紫陽花が「恋のWAVE」「TSUWAVE」「あじさい時計」「品種別のあじさい花壇」といったテーマに沿って植栽されています。

「セルマ」「シャローナ」 「セリーナ」 「サンドラ」など、ほかにはない品種もあるのでお見逃しなく! 

2024年イベント情報:2024あじさいまつり

例年6月上旬から7月中旬にかけて、「あじさいまつり」か行われます。紫陽花を眺めながら楽しめる無料の薬草足湯のほか、特定日にはダンス・コンサート・撮影会・猿回しなど催しもいっぱい。土日にはキッチンカーが出店し、食事の持ち込みも可能です。

開催期間:2024年06月1日(土)〜7月14日(日)
開催時間:8:00~18:30(最終入園)
入場料:無料

■スポット概要
住所:三重県津市戸木町4096
開花時期・見頃:例年6月上旬~6月下旬
定休日:年中無休
料金:大学生以上800円~、中学生以上400円~、小学生以下無料 ※開花状況により変動
アクセス:
電車:近鉄名古屋線「久居駅」から徒歩で約45分、または「榊原温泉」行きバス に乗車、「戸木神社前」バス停下車後、徒歩で約15分
車:伊勢自動車道・久居ICから約5分
駐車場:あり。450台

公式サイト

【愛知県蒲郡市】形原温泉 あじさいの里

紫陽花とゲンジボタルの競演を観られるかも!

愛知県蒲郡市にある「形原(かたはら)温泉」は、三ヶ根山の山麓、緑の林に包まれた静かな温泉です。

毎年6月の1カ月間、「形原温泉 あじさいの里」に植栽された約5万株の紫陽花が咲き誇ります。

2024年イベント情報:形原温泉あじさい祭り

例年6月1日〜6月30日の期間、「形原温泉あじさい祭り」が開催されます。夜間は紫陽花がライトアップされ、昼間とは違った風情があります。運が良ければあじさいの里に住むゲンジボタルを見られるかもしれません。

開催期間:2024年6月1日(土)〜6月30日(日)
開催時間:8:00~21:00
入場料:高校生以上500円(管理協力費)、中学生以下無料

■スポット概要
所在地:愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28-1
開花時期・見頃:例年6月上旬〜6月下旬
料金:形原温泉あじさい祭り期間外:無料
アクセス:
電車:①JR東海道本線、名古屋鉄道蒲郡線「蒲郡駅」からタクシーで約15分 ※祭り期間中は「蒲郡駅」南口から直行バスあり ②名古屋鉄道蒲郡線「形原駅」からタクシーで約5分
車:東名高速道路・音羽蒲郡ICから約30分
駐車場:あり。1回500円

「形原温泉あじさい祭り」を詳しくチェック!

【愛知県幸田町】本光寺

境内と参道を紫陽花が埋め尽くす

愛知県幸田町にある「本光寺」は、島原藩主深溝松平家の菩提寺で“三河のあじさい寺”としても知られる、紫陽花の名所です。毎年6月になると、約1万本もの紫陽花が参道や境内を埋め尽くします。

2024年イベント情報:本光寺紫陽花まつり

例年6月1日~6月30日に「本光寺紫陽花まつり」が開かれています。2023年の開催時にはキッチンカーが並びましたが、5月16日現在、2024年の詳細は未定です。

■スポット概要
住所:愛知県額田郡幸田町大字深溝字内山17
開花時期・見頃:例年6月中旬~7月上旬
営業時間:①境内:早朝から日没まで(拝観自由) ②本堂・東御廟所拝観、御朱印:9:00~16:00
定休日:なし
料金:境内無料、東御廟所拝観料100円、本堂拝観料300円、駐車場協力金300円
アクセス:
電車:JR東海道本線「三ヶ根駅」から徒歩で約5分
車:東名高速道路・岡崎ICから約25分、音羽蒲郡ICから約20分
駐車場:あり。協力金300円

公式サイト

【岐阜県関市】板取あじさい村

「日本の道百選」にも選ばれた道に沿って咲く紫陽花

岐阜県関市の「板取あじさいロード」は、板取川に沿って約24kmに7万本もの紫陽花が咲く道で、「日本の道百選」にも選ばれています。

紫陽花は例年6月下旬~7月上旬にかけて見頃となり、板取地域一帯がシーズン限定の「あじさい村」として開村します。2024年の開村期間は、6月22日(土)〜7月7日(日)です。

2024年イベント情報:板取あじさい村フェスティバル

あじさい村開村中の2日間、「21世紀の森公園」の特設会場では「あじさい村フェスティバル」が催されます。「あじさいステージ」や木工体験、魚のつかみ取り(小学校3年生以下のみ)、地元グルメの屋台などお楽しみが盛りだくさん! 

開催期間:2024年6月29日(土)・30日(日)
開催時間:10:00~16:00
入場料:無料(魚のつかみ取りは300円)

イベント公式サイト

■スポット概要
住所:岐阜県関市板取地域の一帯
開花時期・見頃:例年6月下旬~7月上旬
営業時間:常時開園
料金:入場無料
アクセス:電車:「岐阜駅」から岐阜バスに乗車(約70分)、終点「ほらどキウイプラザ」バス停で下車後、約15分歩いて板取ふれあいバスに乗車(約35分)、「21世紀の森」バス停で下車
車:①一宮JCTから約90分。東海北陸自動車道・美濃ICから関市板取へ ②東海北陸自動車道・郡上八幡ICから国道256号を西にタラガトンネル経由で約40分 ③岐阜市内から国道256号を北に、県道52号線経由で約70分

公式サイト

東海エリアの紫陽花スポットは大規模で見ごたえ抜群。見頃の時期のみ開園するスポットもありますので、この機会にぜひ足を運んでみてください。

※本記事はよりみち情報サイト「ロコナビ」で掲載されていた記事(2021年6月掲載)の譲渡を受け、掲載しています。イベント情報や施設情報など内容の一部は2024年の最新情報に差し替えを行い、掲載をしています。

記事を書いた人

いこーよとりっぷ編集部

「いこーよとりっぷ」では、地域の伝統行事や季節毎のイベント情報など、地域の魅力を発信し、親子にとって「10年先も思い出す」おでかけ体験を提供していきます。

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。