神奈川県逗子市

かながわけんずしし
おすすめ絶景スポットがいっぱい!
海も山もあるプチリゾート

逗子市について

三浦半島の北西部にある神奈川県逗子市。市内の沿岸沿いエリアは相模湾に面し、そのほかのエリアは鎌倉市、葉山町、横浜市金沢区、横須賀市と接しています。

都心からJR横須賀線、または京浜急行逗子線で約1時間と、アクセスしやすいため、観光地としてはもちろん、ベッドタウンとしても知られています。都心に通勤、通学しながら、海や山の近くでの暮らしを楽しむ人も数多くいます。

観光中心地は「逗子海岸」や「リビエラ逗子マリーナ」などがある海岸沿いですが、市内には「披露山」や「鷹取山」など山の自然が楽しめるエリアも充実。実は、市内の約6割を緑が占めています。

歴史

逗子市の歴史は大変古く、縄文時代までさかのぼることができます。市内では、当時使われていたとされる土器や住居遺跡が発掘されています。

逗子海岸流鏑馬
逗子海岸流鏑馬

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡(あずまかがみ)」には、1200年に源頼家が現在の逗子海岸と思われる海辺で「笠懸(かさがけ)」を行ったという記録も残されています。笠懸とは、疾走する馬に乗りながら的に鏑矢(かぶらや)を放って的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」に似た、日本に伝わる伝統的な騎射の技術のこと。この歴史的背景を伝える行事として、逗子海岸では毎年11月中旬に「流鏑馬の奉納」が行われています。

721年に創建された岩殿寺(がんでんじ)
721年に創建された岩殿寺(がんでんじ)

文化の発展とともに、「岩殿寺」「神武寺」「東昌寺」などさまざまな寺院が建立され、現在でも市内各所に残されています。

近代の動き

1873年に現在の市域が決定しました。

1889年に町村制が施行され、周辺地域の7つの村が合併して「田越村」が誕生しました。同年、JR横須賀線が開通して「逗子駅」も開設されています。

1913年に「田越村」から「逗子町」に変更。その後、横須賀市との強制合併を経て、1954年4月に「逗子市」となり、現在に至ります。

主な産業

漁業が盛んな逗子市。市内西部にある「小坪漁港」は、鎌倉時代から漁業が営まれてきた歴史ある場所です。年間を通じてさまざまな魚介類が水揚げされていて、なかでも、サザエとワカメ、シラスは逗子を代表する水産物です。

現在は「とる漁業」以外にも力を入れており、アワビやサザエの稚貝放流といった「育てる漁業」の取り組みや、漁業に親しんでもらえるようなイベント開催(不定期)などを行っています。

ふるさと納税の「電子感謝券」を持っておでかけしよう

画像はイメージです
画像はイメージです

逗子市では、ふるさと納税の返礼品に「電子感謝券」を導入しています。「電子感謝券」とは、寄付した30%分がポイントで受け取れるというもの。ポイントは、逗子市内の加盟店で食事や買物、宿泊などの支払いに使うことができます。市内の加盟店は100店舗以上あるので、家族の旅のスタイルに合わせて利用できるのがうれしいですね。

「リビエラ逗子マリーナ」に隣接する「小坪海浜公園」は、ヤシの木に囲まれ、リゾート感いっぱい
「リビエラ逗子マリーナ」に隣接する「小坪海浜公園」は、ヤシの木に囲まれ、リゾート感いっぱい

海岸沿いエリアは、道路などにヤシの木が植えられていたり、美しいサンセットが見れたりとリゾート感いっぱい。おしゃれなカフェも点在していて、まち歩きも楽しめますよ。

ふるさと納税をして、逗子でお得におでかけをしてみませんか?

市の花、木

市内の道の脇でも見ることができる「ホトトギス」

逗子市の花:ホトトギス
逗子市の花:ホトトギス

逗子市の花は「ホトトギス」です。1984年に市制30周年を記念して制定されました。

直径2.5cmほどの小さな花が集まって咲く可愛らしい花です。花びらにある紫色の斑点が、鳥の「ホトトギス」の胸にある斑点と似ていることから同じ名前がついています。

市内では、「蘆花記念公園」から「逗子市郷土資料館」へ続く道の途中で見ることができます。開花時期は毎年10月ごろです。

赤や白のあざやかな色の花をつける「ツバキ」

逗子市の木:ツバキ
逗子市の木:ツバキ

逗子市の木は、冬のもっとも寒い時期に赤や白の美しい花をつける「ツバキ」。

現在は、野生種をもとに品種改良された園芸品種が多数流通しています。赤や白のほか、薄い桃色や紫など花の色もさまざま。花が少ない冬の時期にあざやかに咲く「ツバキ」は、見る人の心を温かくしてくれます。

まち基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
市区町村名神奈川県逗子市
(かながわけんずしし)
電話番号046-873-1111
アクセス【電車の場合】
JR横須賀線利用の場合
品川駅から逗子駅まで約1時間(東海道本線の場合は大船駅で乗り換え)
京浜急行線利用の場合
品川駅から新逗子駅まで約1時間(金沢八景駅から逗子線へ)
【お車の場合】
東京から首都高速、横浜横須賀道路経由約45分
逗子IC下車、約5分
公式URL公式URLはこちら
公式SNS

Facebook