元気な入間市民の心がひとつに!<br/>伝統を受け継ぐ活気あるおまつり
2022年10月22日

元気な入間市民の心がひとつに!
伝統を受け継ぐ活気あるおまつり

入間万燈まつり(2022年は内容変更)
いるままんどうまつり
体験する
歴史・文化を感じる
埼玉県入間市

埼玉県入間市の「入間万燈まつり」は、お茶と並ぶ入間名物。

毎年10月末ごろの週末に行われ、市内各地の文化を伝えるお囃子(はやし)やステージでのイベント、地元グルメの出店などコンテンツが満載! 家族みんなで楽しく参加でき、入間市民のパワーを感じられるイベントです。

2022年は3年ぶりに開催決定! ぜひ親子でおでかけしてみてくださいね。

(トップ画像提供:入間市)

地元FMパーソナリティが発信!入間市の「親子向け観光情報」

入間市民総出で作り上げる独自のおまつり

写真提供:入間市
写真提供:入間市

町村合併で武蔵町となり、1966年(昭和41年)に市としてスタートした入間市。

2022年の開催で42回目を迎える「入間万燈まつり」は、合併前の旧町村のさまざまなおまつりを集めたイベントです。「一年に一度は市民全員が集まろう」という発想をもとに考案されました。

まつりをしめくくる「入間万燈締め」(写真提供:入間市)
まつりをしめくくる「入間万燈締め」(写真提供:入間市)

現在は毎年数多くの市民がボランティアスタッフとして参加。市内の企業、行政と一体となって作り上げています。

新旧の住民同士をつなぎ、伝統的な文化と新しい文化の両方に出会える場。姉妹都市・新潟県佐渡市との交流イベントも行われます(2022年は中止)。

ぜひ親子で訪れて、市民のパワーに触れてみましょう。

「万燈」とは?

入間市内の祭りの際、社寺の門に飾られる花笠や提灯のこと。家内安全や健康を祈願するものです。

その伝統を大切するととともに、「市民の足元や未来を照らす明かりでありたい」という思いから、「入間万燈まつり」の名前が冠されました。

大迫力の山車や御輿、出店が楽しい(2022年は中止)

伝統山車や万燈山車、櫓(やぐら)が集まる「ひっかわせ」は必見。囃子(はやし)の響きも最高潮に! (写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)
伝統山車や万燈山車、櫓(やぐら)が集まる「ひっかわせ」は必見。囃子(はやし)の響きも最高潮に! (写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)

おまつりに参加するすべての団体が一堂に会する「入間行列」、夜の万燈の明かりの中でぶつかりあう「ひっかわせ」、太鼓合戦や御輿の競演など、プログラムはさまざま(2022年は中止)。

迫力のあるものからかわいらしいものまで幅広いので、大人も子供もお気に入りが見つかるはず。

例年行われる、各団体による御輿担ぎの競演も見どころの1つ(2022年は中止)(写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)
例年行われる、各団体による御輿担ぎの競演も見どころの1つ(2022年は中止)(写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)

きらびやかな山車や御輿、行列などは市内各地で長年受け継がれてきた特色や新しい工夫があり、時間を忘れて眺めてしまいます。

親子それぞれ感じた魅力を話し合うのもいいですね。興味を持った旧町村の歴史を調べてみるのもおすすめです(2022年は山車、御輿の運行なし)。

入間市名物の焼き団子や給食で人気の揚げパンなど、子供が喜ぶグルメがいっぱい! (写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)
入間市名物の焼き団子や給食で人気の揚げパンなど、子供が喜ぶグルメがいっぱい! (写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)

おまつりのもう一つの目玉が出店です。300以上が並ぶ飲食や特産品のお店は、ほとんどが市民グループや市内の業者によるもの。ご当地グルメも気軽に楽しめます(2022年は出店数縮小、内容変更)。

2022年は内容を変更して3年ぶりに開催!

地元のダンスサークルなどの発表の場にもなっています(写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)
地元のダンスサークルなどの発表の場にもなっています(写真提供:2022 入間万燈まつり実行委員会)

2020年と2021年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、2022年は3年ぶりに開催される予定です(10月22日を予定)。

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、開催期間の短縮や一部会場の除外、飲酒・酒類の持ち込み禁止、接触確認アプリの活用などを予定しています。

山車・御輿の運行も取りやめとなりますが、居囃子(いばやし)やステージイベント、出店などは行われます。万全の対策で安心して楽しみましょう。

とりっぷノート★地元FMパーソナリティが魅力を紹介!

市民と行政が一体になって作り上げ、元気で行動力のある市民のシンボルともいえる入間市独自のおまつりです。市外の方からもよく「入間市民の熱いエネルギーを感じる」と感動の声をいただきます。

太鼓や鉦(かね)のリズミカルなお囃子はおまつりの象徴。市内各地のお囃子団体が楽しませてくれます。(FMチャッピー『杉島市長のお茶っこラジオ』パーソナリティ/入間市長・杉島理一郎さん)

記事を書いた人

高柳涼子

雑誌編集部出身のフリーランス。ライティングと校閲を中心に、ときどき編集も手がける3児の母です。これまでに関わった分野は、求人、教育、ウェディング、アート、手芸、田舎暮らし、食育、仏教、旅行、料理、子どもなど。仕事を通して新しい世界に触れ、記事や本を読んだ方の役に立つことが何よりの喜びです。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名入間万燈まつり(2022年は内容変更)
ふりがないるままんどうまつり
主催者名入間万燈まつり実行委員会
開催期間2022年10月22日
開催時間【2022年】10:00~18:00
※2022年は土曜のみ
【例年】
土曜:13:00~20:15
日曜:9:30~16:45
開催スポット入間市産業文化センター周辺、埼玉県営 彩の森入間公園など
住所埼玉県入間市向陽台2丁目地内(彩の森入間公園)
電話番号04-2964-1111
電話番号の受付先は入間市役所市民生活部地域振興課です
料金無料
アクセス【車】圏央道・入間ICより約10分
【電車】西武池袋線「入間市駅」より徒歩で約10分
駐車場駐車場あり
備考【駐車場】市役所駐車場は有料です
【例年の開催時期】例年、10月末頃の土・日曜に開催
【その他】2022年は「埼玉県営 彩の森入間公園」駐車場にメインステージを設けます
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年08月22日/更新日2022年08月23日