「関東三大酉の市」のひとつ!<br/>大國魂神社に親子で参拝に行こう
【一の酉】11月4日(金)、【二の酉】11月16日(水))、【三の酉】11月28日(月)

「関東三大酉の市」のひとつ!
大國魂神社に親子で参拝に行こう

大國魂神社 酉の市(2022年)
おおくにたまじんじゃ とりのいち
体験する
歴史・文化を感じる
東京都府中市

京王線「府中駅」南口より徒歩で約5分の「大國魂神社」では、2022年11月4日(金)、16日(水)、28日(月)に、開運招福や商売繁盛を願う祭り「酉の市」が開催されます。

11月の酉の日に、関東各地で行われる酉の市。なかでも大國魂神社の酉の市は「関東三大酉の市」のひとつに数えられる、大規模な行事です。

本記事では、大國魂神社の酉の市と2022年度の開催内容をご紹介します。


※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部変更する可能性があります。詳細は公式サイトをご確認ください

東京の「酉の市」まとめをチェック!

「酉の市」とは?

酉の市は江戸時代から続く行事で、開運招福や商売繁盛を願い、正月を迎えるための最初の祭りです。

11月最初の酉の日に行われるのが「一の酉」、その後12日周期で訪れる酉の日にあわせて「二の酉」「三の酉」が開催されます。「三の酉がある年は、火事が多い」といった俗信もあるのだとか。

今年の無事の報告と翌年の幸福を祈るための参拝後は、「運や金銀をかき集められる」という縁起物の熊手を露店で買うのが醍醐味です。

「大國魂神社 酉の市」とは?

大國魂神社は、福神や縁結び、厄除け・厄払いの神として著名な「大國魂大神」(おおくにたまのおおかみ)を、武蔵国(現在の東京、埼玉、神奈川東部)の守り神としてお祀りした神社です。

大國魂神社の酉の市は、拝殿の西側にある末社「大鷲神社」(おおとりじんじゃ)の例祭日です。

東京・浅草の「鷲(おおとり)神社」、新宿の「花園神社」とともに「関東最大酉の市」と呼ばれ、縁起物である熊手の市や屋台などの露天商が立ち並び、例年多くの参拝客で賑わいます。

「大國魂神社 酉の市」2022年の開催内容

2022年は三の酉のため、11月4日(金)、16日(水)、28日(月)に開催します。

本年は3年ぶりに露天商が境内に立ち並び、再び賑わいを見せています。境内が広いためほかの参拝客との距離を取りやすく、安心感がありますよ。

酉の市では、熊手を購入するほかにも、参拝した証として御朱印を受けたい人もいるでしょう。現在は感染症対策のため、あらかじめ用意された書き置きの御朱印のお渡しになります。

とりっぷノート★おすすめポイントを紹介

大國魂神社は敷地面積が広いため、家族で参拝するのにおすすめですよ。ただし、小さな乳幼児がいる場合は抱っこ紐がいいでしょう。(いこーよとりっぷライター・岡本ハナ)

記事を書いた人

岡本ハナ

1983年フィリピン生まれ。4児(2男2女)の母。 大学在学中に読者モデルとして活動するかたわら、web制作会社でライターアシスタントとして勤務。現在は、映画や音楽などエンタメ情報、子供関連(不妊治療、発達障がい児など)をテーマに各メディアで執筆。料理下手だが、料理人の夫に感化されて料理&食育を勉強中! 多国籍料理が好き。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名大國魂神社 酉の市(2022年)
ふりがなおおくにたまじんじゃ とりのいち
主催者名大國魂神社
開催期間【一の酉】11月4日(金)、【二の酉】11月16日(水))、【三の酉】11月28日(月)
開催時間6:30~21:00
※熊手市や露店は9:00~21:00予定(店により異なる)
開催スポット大國魂神社
住所東京都府中市宮町3-1
電話番号042-362-2130
料金入場無料
アクセス京王線「府中駅」南口より徒歩で約5分
JR南部線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩で約5分
駐車場駐車場あり
備考駐車場は参拝者専用です。参拝しない場合は使用を控えてください
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年11月16日/更新日2022年11月18日