迫力満点のお焚き上げにも注目!<br/>商店街で開催される「だるま市」
2023年1月9日

迫力満点のお焚き上げにも注目!
商店街で開催される「だるま市」

溝のだるま市(2023年)
みぞのだるまいち
体験する
歴史・文化を感じる
神奈川県相模原市

神奈川県相模原市の「上溝(かみみぞ)商店街」内にある中央駐車場および上溝本町自治会館広場のイベント会場で、2023年1月9日(月・祝)に「溝のだるま市」が開催されます。

上溝地区の伝統行事として、地域住民から大切にされている「溝のだるま市」へ、家族一緒にとっておきのだるまを探しに行きましょう!

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部変更する可能性があります。最新情報および詳細は、公式サイトをご確認ください

だるまの由来と「だるま市」の歴史

「だるま」とは、禅宗の基礎を築き、インド、日本、中国に伝えた僧侶・達磨大師(だるまたいし)に由来します。達磨大師が座禅する姿を模して、木や竹、紙などの張り子で作られた「起き上がり小法師」という玩具が、現在のだるまといわれています。

倒れても起き上がる「七転び八起き」の縁起の良さから、毎年1月頃には多くの場所でこの「だるま」を販売する「だるま市」が催されるようになりました。

購入しただるまは願掛けに使われます。だるまの左眼(向かって右目)を墨で描いて家族の目に付きやすい場所に供えましょう。

願いが成就した「だるま」はお焚き上げへ

お焚き上げ前の神事の様子
お焚き上げ前の神事の様子

だるまに込めた願いが成就した際は、だるまに右眼を描き入れてお焚き上げへ持っていきましょう。「溝のだるま市」では、地元上溝の安楽寺住職によるだるま供養のお焚き上げ法要が行われます。

お焚き上げの様子
お焚き上げの様子

両眼のだるまがない親子も、だるま供養やお焚き上げの様子を見学できます。

「溝のだるま市」2023年の開催概要

「溝のだるま市」は、JR相模線「上溝駅」から徒歩10分ほどのところにある上溝商店街の中央駐車場イベント会場で、2023年1月9日(月・祝)の11時から17時頃の日没まで開催されます。

2023年は新型コロナウイルス感染症対策のため、参加の際はマスクの着用が必須です。会場各所に消毒液が設置されているので、こまめに利用しましょう。

会場内には、だるま露店をはじめ、たこ焼きなどの露店もあり、家族で楽しめます。

だるまの事前予約でスムーズな受け取りも

2022年1月に相模原市へ寄贈しただるま
2022年1月に相模原市へ寄贈しただるま

「溝のだるま市」では、神奈川県平塚市の伝統だるま「相州(そうしゅう)だるま」と、群馬県高崎市の伝統だるま「高崎だるま」の事前予約ができます。

11月頃に上溝で配布している申込みチラシに必要事項を記入し、商店街事務所か申込み受付店に持っていくことで事前予約が可能。(※2023年のだるま受付は2022年12月5日に終了しました)

どちらのだるまも、11号サイズ(高さ30cmほど)以上の大きいサイズには名前や祈願を入れられます。

なお、だるまの受け取りは、例年11時頃が多いそうです。混雑を避けてゆっくり見てまわりたい親子は、お昼過ぎからの参加がおすすめです。

とりっぷノート:楽しいイベントも同時開催!

「茅の輪くぐり」で心身を清めて災厄を祓いましょう!
「茅の輪くぐり」で心身を清めて災厄を祓いましょう!

だるま市当日は、フリーマーケットや無病息災を祈願する「茅の輪くぐり」、子供を対象にしたお菓子のプレゼント(数量限定)なども開催予定です。だるま市とあわせてお楽しみください!(上溝商店街振興組合)

記事を書いた人

白倉凪紗

「いこーよとりっぷ」を運営するアクトインディの新卒社員。最近ミラーレス一眼を購入し、カメラを持ってお出かけするのがマイブーム。記事を通して、ワクワクやトキメキをお届けします!

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名溝のだるま市(2023年)
ふりがなみぞのだるまいち
主催者名上溝商店街振興組合
開催期間2023年1月9日
開催時間11:00~17:00頃(日没まで)
開催スポット上溝商店街中央駐車場、上溝本町自治会館広場
住所神奈川県相模原市中央区上溝6-2-10
電話番号042-761-4007
※電話窓口は「上溝商店街振興組合」の事務所です(受付:平日10:00~16:00)
料金入場無料
アクセスJR相模線「上溝駅」から徒歩で約10分
備考会場横に14台ほど駐車可能(コインパーキングを無料開放)
公式SNS
公開日2022年12月09日/更新日2022年12月22日