黒豆<br/>【おせち料理の意味】
公開日2021年12月27日/更新日2021年12月27日

黒豆
【おせち料理の意味】

味覚

黒豆に込められた願いとは

おせち料理の黒豆の意味
おせち料理の黒豆の意味

「勤勉と健康」を願う

豆は、「まめまめしい」という意味から。「家族みんなが今年も1年まめに働き、健康で元気にすごせますように」という願いがこもっています。勤勉な日本人らしいですね。
また、豆の中でも、「黒豆」がおせちに使われるようになったのは、黒色が魔除けの色とされていたから。邪気を払い、1年間健やかに暮らせるようにという想いが込められています。

関東地方の黒豆は、他の地方と作り方が違う?

黒豆は、ふつう「しわ」が寄らないように作るのですが、関東では「顔にシワが出来るまで長生きできますように」という意味が込められているため、わざと「しわ」を寄せるように作っています。

おせち料理とは

おせち(お節)料理の「節」とは、古くから日本で季節の節目にあわせて年に数回行われていた大切な行事のこと。その行事のために作られた、特別な料理のことを「お節」と呼ぶようになりました。

年に数回行われていた「節」の行事ですが、次第に「年神様」に感謝する「正月」が一番盛大に祝われるようになったため、正月のお祝い料理のことを庶民の間で「おせち」と呼ぶようになったと言われています。

出典元:
「おせち料理ってどんな料理?」(農林水産省)(https://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_menu/oseti/01.html)を編集して作成

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。