極上あんみつと絶品餃子に舌鼓!<br/>親子三代に愛される下町の甘味処

極上あんみつと絶品餃子に舌鼓!
親子三代に愛される下町の甘味処

花家
はなや
食べる
東京都荒川区

JR山手線・日暮里駅北改札口から谷中銀座商店街方面に歩くとすぐ右手に、モダンでおしゃれな佇まいの「花家」があります。クリームあんみつが有名な甘味処ですが、実は餃子も絶品! 育ち盛りの子供も満足のどんぶりや麺類が揃い、大人は餃子をつまみに「ちょっと一杯」。家族みんなにとって居心地のよいお店です。

※撮影時にマスクを外している場合があります

三代続く名店に「懐かしい味」と「新しい味」が並ぶ

創業は1945年(昭和20年)。それまでは引き売りの生花店「花屋」でしたが、第2次世界大戦の戦火で家が焼かれ、初代店主が一念発起。屋号を「花家」に変更し甘味処として生まれ変わりました。

その後、「甘味だけではなく食事もしたい」という要望に応え、家族みんなが楽しめる食堂スタイルに一新! 現在ではラーメンやどんぶり、ボリューム満点の定食など様々な料理が揃います。

三代目店主の金森伯文(のりふみ)さんと、金森ひろ子さん親子
三代目店主の金森伯文(のりふみ)さんと、金森ひろ子さん親子

料理を担当する三代目店主の金森伯文さんは、先代の味をしっかり守りながら、新たな看板メニューを考案。令和のニーズに応えています。

谷中には神社仏閣が多く、お参り後の恒例行事として来店する常連ファミリーもいっぱい。「昔ここでソフトクリームを食べたんだよ」と子供に話しながら幼少時代を懐かしむ人、親子三代で利用する客も多いのだそうです。

「花家にくれば懐かしい味に出会える」。それも家族連れに愛される大きな理由です。

1番人気は、自家製づくしの贅沢クリームあんみつ

「クリームあんみつ」(630円)
「クリームあんみつ」(630円)

豊富なメニューのなかで、ダントツ人気なのが「クリームあんみつ」です。

親子でシェアしようとオーダーしたところ、ひと口食べた瞬間に息子が器をしっかりホールド! 思わず抱え込むほどのおいしさだったのでしょう。それもそのはず、あんこ、黒蜜、寒天などは全て自家製。手間をかけた贅沢な一品なのです。

なかでも、千葉県館山産の房州粗目天草(ぼうしゅうあらめてんぐさ)を使用した寒天は、みずみずしく清涼感抜群! 寒天を初めて食べた息子は、「ナタデココよりもおいしいね」と満面の笑みでした。

黒蜜は沖縄県の黒糖を使用しているそうで、濃厚かつ上品な味わい。最後は器の底に残った黒蜜までぐいっと飲み干し「ごちそうさまでした」。子供が飲み干すほど、美味しい黒蜜でした。

メディアにも多数登場!肉汁溢れる焼き餃子

焼き餃子5個(560円)
焼き餃子5個(560円)

焼き餃子も、看板メニューのひとつ。一般の餃子と比べるとひと回り大きくて迫力満点!いざ餃子を箸で持ち上げると、しっかりとした重さがあり、具がぎっしり詰まっていることがわかります。

ひと口食べると肉汁が溢れ出し、思わず「あつつ…」と声がもれます。皮の中にはジューシーな豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニクなどの野菜がたっぷり! 具材は粗く刻まれていて、かむ度にザクッとした食感も楽しめます。

子供がモリモリ食べている様子を見て、「また食べさせてあげたいな」と思っていたところ、冷凍の生餃子としてネット注文が可能と知ってニッコリ。晩御飯のおかずにもぴったりですね。

取材時のこぼれ話をご紹介!とりっぷノート

大人好みの店を選ぶと、子供にとっては退屈な時間になりがちですが、「花家」は多種多様なメニューを揃えているため、「大人も子供も大好きな味」に出会えます。また、自家製にこだわった料理の数々は、安心安全で、どれもすごくおいしい! 「親子で谷中に来たら行くべき店」と、自信を持っておすすめします。(いこーよとりっぷライター・岡本ハナ)

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名花家
ふりがなはなや
住所東京都荒川区西日暮里3-2-2
電話番号03-3821-3293
営業時間11:00~20:30
定休日毎週火曜
料金クリームあんみつ(630円)、ラーメン(600円)、日暮里餃子定食(850円)、焼き餃子5個(560円)
アクセス JR山手線・日暮里駅から徒歩2分(260m)、JR山手線・西日暮里駅から徒歩7分(500m)、東京メトロ千代田線・千駄木駅から徒歩9分(700m)
備考甘味類はテイクアウト可能
公式URL公式URLはこちら
公式SNS
公開日2022年03月15日/更新日2022年03月16日