洋菓子なども手掛ける老舗菓子舗<br/>店舗内にはフリースペースも併設

洋菓子なども手掛ける老舗菓子舗
店舗内にはフリースペースも併設

三桝屋總本店
みますやそうほんてん
買う
群馬県館林市

群馬県館林市にある「三桝屋總本店(みますやそうほんてん)」は、館林市の銘菓として江戸時代から愛され続けている「麦落雁(むぎらくがん)」を製造・販売している老舗菓子舗です。創業は古く、天正年間(1573年~1592年)に三桝屋の初代「与兵衛」という人物が菓子製造業を営んでいたといわれています。

和菓子に洋菓子、フルーツサンド…目移りしちゃうお菓子の数々♪

東武鉄道「館林駅」から徒歩12分ほどのところにある「三桝屋總本店」。店内では、館林市のおみやげとしても人気の「麦落雁」をはじめ、職人による自家製の和菓子や洋菓子、生クリームたっぷりのフルーツサンド、好みに合わせて選べるコッペパンなど、幅広い商品を取りそろえています。

店内の通路は幅が広く、ベビーカーでも快適にお買い物ができますよ。

おすすめは館林市産小麦を使ったもっちりどら焼き

(上)「栗どら焼き」160円/(下)「どら焼き」125円
(上)「栗どら焼き」160円/(下)「どら焼き」125円

館林市産のブランド小麦粉「百年小麦」を使用した「どら焼き」は、もちもちとした弾力のある生地が特徴。

中にぎっしりと詰まったあんこには、菓子職人が厳選した国産小豆と良質な砂糖を使っており、素朴な味わいの生地と、上品な甘さのあんこが絶妙にマッチした一品です。

ほどよい甘さの栗の甘露煮がぜいたくに丸ごと一粒入った「栗どら焼き」も販売しています。

旬が味わえるフルーツサンド&できたてコッペパンも人気♪

店内では、洋菓子やパンなども販売しています。

(左)「コッペパン」162~270円/(右)「フルーツサンド」370円〜550円
(左)「コッペパン」162~270円/(右)「フルーツサンド」370円〜550円

旬のフルーツを使用した「フルーツサンド」は人気メニューの1つ。たっぷりとサンドされた生クリームは、フルーツとの相性を考えて甘さを調節しています。いちご、バナナ、キウイなどラインナップも豊富です。

毎週火~土曜、11時30分からの数量限定販売なので、お見逃しなく!

コッペパン

種類豊富なコッペパン♪
種類豊富なコッペパン♪

自家製の「コッペパン」は、注文を受けてから具材を挟むスタイルなので、自分好みのカスタマイズが可能。コッペパンは当日朝に焼き上げたものを使用しています。

チキンカツなどの総菜系から生クリームを挟んだスイーツ系まで、常時10種類以上そろっています。

お買い物後の休憩に!店舗奥にフリースペースを併設

店内には、イスやベンチなどが並ぶ待ち合いスペースもあります。

さらに、店内奥にはフリースペースもあり、小さな子供連れにうれしいベビーベッドなどが設置されています。赤ちゃん連れでも、のんびり快適に休憩ができますよ(イートインスペースではないため、飲食はできません)。

※イベント開催などの都合により、フリースペースが使用できない場合があります

フリースペースから見える中庭
フリースペースから見える中庭

フリースペースは中庭を望めるロケーション。春には鮮やかに咲くつつじなどを眺めることができます。

とりっぷノート♪ここがポイント

メインは和菓子ですが、子供に人気のスイーツやパンなど、幅広い商品を取りそろえているので、親子でおやつを買いに訪れてみましょう。公式Instagramでは、営業予定や特売情報、新商品のお知らせを発信しているので、おでかけ前のチェックがおすすめです。(いこーよとりっぷライター・杞山穂花)

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名三桝屋總本店
ふりがなみますやそうほんてん
住所群馬県館林市本町1-3-12
電話番号0276-72-3333
営業時間9:00~17:00
定休日毎週日曜
料金どら焼き(125円)、栗どら焼き(160円)、コッペパン(162~270円)、フルーツサンド(370〜550円)など
アクセス【電車】東武鉄道各線「館林駅」から徒歩で約12分
【車】東北自動車道「館林IC」から車で約12分
駐車場駐車場あり
公式URL公式URLはこちら
公式SNS
公開日2022年04月13日/更新日2022年04月13日