小麦の産地「群馬県館林市」<br/>製粉ミュージアムで歴史文化を学ぶ

小麦の産地「群馬県館林市」
製粉ミュージアムで歴史文化を学ぶ

製粉ミュージアム
せいふんみゅーじあむ
体験する
歴史・文化を感じる
群馬県館林市

「小麦の産地」として知られる群馬県館林市には、小麦や小麦粉について学べる施設「製粉ミュージアム」があります。

製粉とは、小麦から小麦粉を作る工程のこと。この施設では、その名の通り製粉にまつわる技術やさまざまな歴史文化を、資料の展示、クイズや動画などを通じて学ぶことができます。

子供向けのタッチパネル展示なども用意されていて、子連れファミリーのおでかけにもぴったりなスポットです。

「製粉ミュージアム」ってどんなところ?

「製粉ミュージアム」は、「日清製粉グループ」が創業の地に開設した企業ミュージアムで、製粉(小麦・小麦粉)をテーマにした世界的にも珍しい施設。東武鉄道「館林駅」西口に隣接していて、アクセス抜群です。

建物は、日清製粉の歴史と伝統を紹介する本館と、最新の製粉技術を楽しく学べる新館の二棟に分かれています。親子でじっくり見学するなら、滞在時間はおよそ1~2時間ほどみておきましょう。

本館は、明治創業時代から事務所として使用されていた、歴史的価値の高い洋風建築です。免振設備を施して、耐久性を向上させた貴重な企業文化遺産となっています。

敷地内には、美しい日本庭園も整備されています。庭園内には無料の屋外休憩施設もあり、ミュージアムを見学している間は緑の中で気軽にひと休みできますよ。

日清製粉の歴史を学べる本館へ!

本館では、創業から現在に至るまでの歴史を紹介しています。

「日清製粉グループ」は、1900年(明治33年)に「館林製粉」として創業しました。創業者である正田貞一郎(しょうだ ていいちろう)をはじめとした歴代経営者が、製粉に情熱を注ぎ、技術開発に奮闘する歴史を、さまざまな資料や展示品で知ることができます。

本館そのものが歴史的建造物でもあるので、構造や装飾などに注目してみるのもおもしろいですよ。

製粉技術を体感できる新館にも注目

新館では、小麦から小麦粉ができる工程や、小麦・小麦粉に関する情報を学べます。館内には、工場で実際に使用されている機械も設置されており、最新の製粉技術を間近で見学できます。

また、動画での紹介やクイズコーナーなど、子供の好奇心をくすぐる楽しい仕掛けも! 親子でコミュニケーションをとりながら見学してみましょう。

普段はあまり意識したことがない製粉をじっくりと学ぶことで、食べ物への感謝が深まり、食文化の理解にもつながります。小麦文化が強く根付く館林市を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

とりっぷノート♪親子向けのポイントを紹介

館内には、おむつ替えスペースがある多目的トイレのほか、ベビーカーの貸し出しも行っています。全フロア段差なしのバリアフリー構造なので、小さな子供と一緒でも安心して見学できますよ。

また、「製粉ミュージアム」を見学したあとにアンケートに答えることで、記念品をもらえるのもうれしいポイントです♪(いこーよとりっぷライター・杞山穂花)

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名製粉ミュージアム
ふりがなせいふんみゅーじあむ
住所群馬県館林市栄町6-1
電話番号0276-71-2000
営業時間10:00~12:00(入館は11:30まで)、13:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日不定休
※公式サイト内のカレンダーを要確認
料金大人200円、小・中学生100円
アクセス【電車】東武鉄道各線「館林駅」西口から徒歩すぐ
【車】東北自動車道「館林IC」から車で約15分
駐車場駐車場あり
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年04月13日/更新日2022年04月21日