何度でも通いたくなる居心地の良さ<br/>物語のある合掌造りの古民家カフェ

何度でも通いたくなる居心地の良さ
物語のある合掌造りの古民家カフェ

珈琲道 えどもんず
こーひーどうえどもんず
体験する
歴史・文化を感じる
千葉県富津市

JR内房線「浜金谷駅」から徒歩で約3分。

千葉県富津市の「珈琲道 えどもんず」は、世界遺産・白川郷から移築された築240年の合掌造りの古民家で、テレビドラマのロケなどにも使われるほど。極上のコーヒーを気軽に味わえるとあって、熱烈なリピーターが全国から訪れます。

※2022年春より完全会員制(入会費1,000円・永久会員制)になりました。1人が会員であれば同伴者全員が入店できます

千葉県上総エリアの「親子向け観光情報」

心地よい時間が流れる築240年の古民家

最寄りの「浜金谷駅」からは歩いてすぐ。富津館山道路 の富津金谷ICからも近い場所にあります
最寄りの「浜金谷駅」からは歩いてすぐ。富津館山道路 の富津金谷ICからも近い場所にあります

古民家カフェやレストランが多い上総エリアでも、とくに長い歴史を持つ「珈琲道 えどもんず」の建物。

囲炉裏のある個室や大広間、ペット同伴OKの個室など、さまざまな部屋がある館内は、どこもくつろげる雰囲気。

味わい深い調度品が並び、そこに身を置くだけでゆったりと心がほぐれてゆきます。

台風で全壊し再出発。地元で愛され10周年に

マスターの青山清和さん(右)と支配人の小山美光さん
マスターの青山清和さん(右)と支配人の小山美光さん

「金谷というまちの、明かりの1つになれれば…」というマスター・青山さんの思いとともに、2012年にオープンした「えどもんず」。

2022年6月に10周年を迎えましたが、これまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。

2019年に相次いだ台風で全壊に。2021年元日に復活を遂げました
2019年に相次いだ台風で全壊に。2021年元日に復活を遂げました

2019年には、千葉県を直撃した3つの台風によって全壊。骨組みだけの痛々しい姿になってしまいました。

その後、奇跡的に無事だった焙煎スペースで豆を煎り、庭先でコーヒーを出すところから再出発。

歴史的にも価値が高いこの店を「後世へと引き継いでいきたい」というマスターと支配人の確固たる思いが、見事に復活へと導きました。

ふたたび心地よい空間を取り戻した店内でゆっくり過ごすのはもちろん、そんな物語に思いをはせたり、人々の絆について家族で話してみるのもいいですね。

仕入れからすべてにこだわった絶品コーヒー

マスターの青山さんは、コーヒー農園を営んでいたお父さまの影響で小学生から焙煎を始めたという経歴の持ち主。

豊富な知識やスキルを生かして豆の仕入れから保存・焙煎方法、淹れ方すべてにこだわった、極上の一杯をいただけます。

コーヒーは、わずか5%しかない最高級新豆を輸入して、店内で毎日焙煎 。その味は世界一と称するファンもいるほどです。

ブルーマウンテンは農園から樽ごと仕入れ。それぞれの個性を大切にしています
ブルーマウンテンは農園から樽ごと仕入れ。それぞれの個性を大切にしています
10時間かけて氷出しするアイスコーヒーはワインのような味わいの絶品
10時間かけて氷出しするアイスコーヒーはワインのような味わいの絶品

ここまでこだわっていながら、けっして敷居が高くないのがこちらのお店。「コーヒーはあくまでも心地よい時間を彩るもの」と考え、小さな子供連れも温かく迎えてくれます。

コーヒーは800円から3,000円まで価格も種類も幅広く、詳しい説明つきのメニューできっと好みのものが見つかるはず。

地元のお店から仕入れたバームクーヘンなどのスイーツと一緒に楽しむのもおすすめです。

「ただいま!」と家族で何度も訪れたくなる温かいお店

カウンターにずらりと並ぶコーヒーの器材が圧巻!
カウンターにずらりと並ぶコーヒーの器材が圧巻!

2022年の春からは、混雑回避とサービス向上のため、完全会員制(入会費1,000円・永久会員制)になりました。1人が会員であれば、同伴した全員が入店できます。

めずらしい美術品や古道具が展示されている2階のギャラリーもあるので、ぜひじっくり見学しましょう(展示品には手を触れないのがルール。走り回ったりもしないようにしましょうね)。

2022年に放送されたドラマ「鹿楓堂よついろ日和」のロケ地でもあり、作品に登場するインテリアも見どころの1つです。

廊下に並ぶたくさんのミル
廊下に並ぶたくさんのミル

親子でコーヒーを一緒に味わって楽しむことは難しくても、店内に漂うこうばしい香りやピカピカに磨かれた器材、ずらりと並ぶ豆などが記憶に残るはず。

大きくなったときに、また一緒に訪れるのも楽しみです。

地元FMパーソナリティが発信!上総エリアの「親子向け観光情報」

とりっぷノート地元FMパーソナリティが魅力を紹介!

柔らかな照明と心地いい音楽、コーヒーのいい香りと、支配人の美光さんやマスターの温かな人柄…。全てがあわさって、この店独特の時間が流れる最高の古民家カフェ。なぜか「ただいま~」と言いたくなるような雰囲気があります(笑)

床に座れる席や子供用の椅子もあり、子連れのお客もOK。珍しいものがたくさん展示されているので、店内探検も楽しそうです。(かずさエフエムパーソナリティ・石橋里奈さん)

記事を書いた人

高柳涼子

雑誌編集部出身のフリーランス。ライティングと校閲を中心に、ときどき編集も手がける3児の母です。これまでに関わった分野は、求人、教育、ウェディング、アート、手芸、田舎暮らし、食育、仏教、旅行、料理、子どもなど。仕事を通して新しい世界に触れ、記事や本を読んだ方の役に立つことが何よりの喜びです。

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名珈琲道 えどもんず
ふりがなこーひーどうえどもんず
住所千葉県富津市金谷2185-2合掌舘内
電話番号070-6478-7778
定休日火~木曜(祝日は営業)
料金本日の珈琲800円、最上級珈琲1,000円~、カプチーノ800円、バームクーヘン300円、テイクアウト各500円ほか
※館内利用は完全会員制(1,000円で永久会員・同伴者も入館可能)
アクセス【電車】
JR内房線「浜金谷駅」から徒歩で約3分
【車】
富津館山道路富津金谷ICより約4分
駐車場駐車場あり
備考駐車場は無料です
公式URL公式URLはこちら
公式SNS
公開日2022年06月22日/更新日2022年06月23日