清澄白河を代表する人気カフェ<br/>キッズ向けメニューや雑貨販売も!

清澄白河を代表する人気カフェ
キッズ向けメニューや雑貨販売も!

ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ
ぶるーぼとるこーひーきよすみしらかわふらっぐしっぷかふぇ
食べる
東京都江東区

東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「清澄白河駅」から徒歩10分ほどの場所に佇む「ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ」。

倉庫をリノベーションしたオシャレな空間で、こだわりのコーヒーやサンドイッチなどの軽食、デザートが楽しめます。キッズドリンクメニューもあり、人気の「リエージュ ワッフル」もテイクアウトできます。

ベビーカーを押したままで入店でき、トイレにはおむつ交換台もあるなど、赤ちゃん連れのママも安心してくつろげるカフェです。

【記事トップ画像】ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

ベビーカーもOK!ママもゆったりカフェタイム

ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

深川七福神の一人である大黒天をお祀りする「円珠院」近く、平野交差点から仙台堀川に向かって歩いていくと右手に、ブルーボトルのデザインが目を引くガラス張りの白い建物が現れます。

ここがアメリカ・カリフォルニア・オークランド発の「ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ」(以下、ブルーボトルコーヒー)です! 2015年にブルーボトルコーヒー初の海外店としてオープンしました。

ベビーカーを押したまま入店できる【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
ベビーカーを押したまま入店できる【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

ベビーカーを押したままで入れる広い店内は、倉庫だった建物をリノベーションしたもの。

1階のカフェスペースは、ゲストとバリスタの境界線のない、ぬくもりある空間」にデザインされています。店内のトイレにはおむつ替え台が備え付けられており、赤ちゃん連れのママも安心です。

その季節に一番おいしいシングルオリジンが楽しめる

ブルーボトルコーヒーでは、ハンドドリップコーヒーにはガラスカップを使用。香りや味わいだけでなく色合いまでを鑑賞し、五感で楽しむことができます【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
ブルーボトルコーヒーでは、ハンドドリップコーヒーにはガラスカップを使用。香りや味わいだけでなく色合いまでを鑑賞し、五感で楽しむことができます【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

ブルーボトルコーヒーの一番の特徴は、バイヤーが農園レベルで選び抜いた高品質な豆を使ったハンドドリップコーヒー。

季節の厳選された最もおいしい豆を、コーヒーのおいしさを最大限に引き出す技術をもつ熟練のバリスタが、一杯ずつ丁寧に淹れています。

豊富なコーヒーのメニューから何を注文するか迷ったら、豆ごとの個性が味わえるシングルオリジンコーヒーがおすすめ。

その季節ごとに提供するコーヒー豆が変わり、日替わりで「メキシコ・チアパス・フィンカ サンタ クルス」や「エチオピア・ゲテブ・メタド・ナチュラル」といった、国名・農園名・品種名などから成る2~3種のシングルオリジンメニューが「Today’s Coffee」に並びます。

取材当日の「Today’s Coffee」
取材当日の「Today’s Coffee」

でも農園や品種を見ただけでは、どんなフレーバーなのか分からず、余計に悩むこともありますよね。

そんなときは気軽にオーダー時に質問してみましょう!

自分の好みを言えば、それにあったものをバリスタがチョイスしてくれます。季節によって、その時旬のコーヒー豆が登場するので、一年を通じてお気に入りの一杯に出会える楽しさもあります。

キッズメニューも充実!限定プリンは家族でシェアできるボリューム

左より「ベビチーノ」(363円)、「無添加みかんジュース」(605円)、「無添加りんごジュース」(550円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
左より「ベビチーノ」(363円)、「無添加みかんジュース」(605円)、「無添加りんごジュース」(550円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

まだコーヒーが飲めないキッズには、温めたミルクにココアパウダーをふりかけた「ベビチーノ」がおすすめ。体に優しい「無添加りんごジュース」「無添加みかんジュース」もあります。

(中央)「プリン」(704円)、(左・右)「季節のタルト」(946円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
(中央)「プリン」(704円)、(左・右)「季節のタルト」(946円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

「清澄白河フラッグシップカフェ」限定の「プリン」(写真中央)は、卵のコクを感じる素朴なおいしさ。昔ながらの固めのプリンで、家族でシェアできるボリュームがあります。

同じく限定メニューの「季節のタルト」もキッズに人気です。

「リエージュ ワッフル」(594円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
「リエージュ ワッフル」(594円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

焼きたての「リエージュ ワッフル」はテイクアウトもOKです。

親子の時間が楽しくなるグッズも

「ピクニックブランケット」(36,300円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
「ピクニックブランケット」(36,300円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

ブルーボトルコーヒーでは、バリスタ気分でお手伝いが楽しくなる「キッズエプロン」、ベビーカーにセットしておきたい「ピクニックブランケット」、など、親子の時間が楽しくなるオリジナルグッズも販売されています。

「キッズエプロン」(6,380円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】
「キッズエプロン」(6,380円)【写真提供:ブルーボトルコーヒージャパン合同会社】

キッズエプロンはカフェで実際にバリスタが着用しているユニフォームと同じ、岡山発のウェアブランド製。パリッとした新品から、使うほどに味わいのある風合いに変化していく過程を、親子で楽しめます。

本格コーヒーを楽しみつつ、親子でのんびりくつろげる「ブルーボトルコーヒー」。深川七福神巡りの休憩スポットとしてぜひ訪れてみてください。

とりっぷノート:取材こぼれ話を紹介!

人気カフェのため、列に並んでオーダーすることも多くあります。そんなとき、うしろの人を待たせてはいけないと焦ってしまいがちですが、カフェは本来お茶を飲みながらのんびり過ごす場所。

「お気に入りの一杯に出会うためにも、オーダー時には遠慮せずに自分の好きなコーヒーのイメージを伝えてください」と、バリスタさんもおっしゃっていました。(いこーよとりっぷライター・林ぶんこ)

記事を書いた人

林ぶんこ

静岡県生まれ。金融業界で融資実務に携わり稟議書を数年間書き続けたのち、商社などの広報を経てフリーライターへ。夫の転勤で愛媛県宇和島市に8年間移り住んだ後、横浜市に戻る。まち歩きや酷道探索が好き。

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ
ふりがなぶるーぼとるこーひーきよすみしらかわふらっぐしっぷかふぇ
住所東京都江東区平野1-4-8
営業時間8:00~19:00
定休日なし
料金エスプレッソ(671円)、カプチーノ(726円)、ホットチョコレート(715円)、清澄白河店限定プリン(704円)、リエージュ ワッフル(594円)など
アクセス【電車】東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」より徒歩で約10分
駐車場周辺にコインパーキングあり
備考「深川七福神」ご開帳期間の営業日:2023年1月1日(日・祝)~7日(土)
※毎日営業
公式URL公式URLはこちら
公式SNS
公開日2022年12月23日/更新日2022年12月26日