神奈川県茅ヶ崎市

かながわけんちがさきし
姉妹都市はホノルル!
湘南スローライフが叶う街!

茅ヶ崎市について

神奈川県茅ケ崎市は、三浦半島と伊豆半島の間に位置する海沿いの町。東西を藤沢市と平塚市に挟まれ、北側は寒川町と接しています。

南側には相模湾が広がり、気候も四季を通じて温暖で、豊かな自然環境に恵まれています。ホノルルが姉妹都市というのも頷けます。

湾岸にある、市の代表的なスポットと言えば、「サザンビーチちがさき」。夏だけではなく年間通じて多くの人が訪れる場所です。正面には茅ヶ崎市のシンボル「えぼし岩」が見え、遠くには江の島、富士山が望めます。

一方、市の北部には緑豊かなエリアが広がります。このエリアは自然と歴史文化が共存する地域で、ゆったりと散策すれば、茅ヶ崎をより深く知ることができます。

歴史

茅ヶ崎市は昭和22年10月に誕生し、昭和30年4月に旧小出村との合併によって現在の市域となりました。

市が誕生する以前より温暖な気候が好まれ、明治時代から湘南の別荘地や保養地として、段階的に発展してきました。明治22年に「茅ヶ崎村」、明治41年に「茅ヶ崎町」に昇格し、昭和22年に悲願の市誕生を迎えました。

その後、暮らしやすい環境の町として人気が集まり、平成元年には、神奈川県内では7番目の20万都市に発展しました。

主な産業

相模湾一帯は沿岸漁業の好漁場となっていて、様々な種類の魚介類が水揚げされています。なかでも茅ヶ崎市では、しらす、あじなどの漁獲量が多くなっています。

茅ヶ崎の海では、毎年夏を中心に地引網漁が盛んに行われており、実際に体験することもできます。また、冬には、「えぼし岩」の周辺で養殖された茅ヶ崎の特産品「えぼしわかめ」が収穫されます。

毎年2月には「生わかめまつり」を開催。「えぼしわかめ」を求め、多くの人が訪れます。

市のオリジナルブランド「Choice! CHIGASAKI」で町を再発見!

茅ヶ崎市では道の駅のオープンを令和7年7月に予定しており、それを見据えた町のブランディング活動を行っています。

コンセプトは「再発見、茅ヶ崎。」。茅ヶ崎にしかないもの、昔から茅ヶ崎にあるもの、茅ヶ崎だからこそのライフスタイルから、町の“宝物”と呼べるモノ(飲食・雑貨)、コトを選定してPRしています。

例えば、以下のようなモノ・コトが、「Choice! CHIGASAKI」に認定されています。

茅ヶ崎海辺の朝市

2001年から約20年間続く朝市で、市内の農産物のみを扱うこだわりの品ぞろえが特徴。毎週土曜日の朝8時から9時に、茅ヶ崎公園野球場東側の駐車場付近で行われています。新鮮な農産物が手に入るのはもちろん、生産者と直接話をしながら購入できるのが魅力です。

茅ヶ崎産 湘南活しらすの浜漬け

茅ケ崎駅南口から徒歩約3分の場所にある魚屋「魚卓(うおたく)」が加工した、しらすの浜漬け。

「魚卓」は市民に愛されている地域密着型の魚屋です。茅ヶ崎の水産業の発展に日々努めており、Choice! CHIGASAKIに選定された「湘南活しらすの浜漬け」は茅ヶ崎産しらすのみを使用。

船びき網漁のなかでも、量より質を求める「一艘曳き」で獲った鮮度抜群のしらすを特製のタレに漬け込んだ逸品です。

自分だけのオリジナルサンダル手彫り体験

海辺の町、茅ヶ崎ならではの体験。地元で活躍するサンダル作家に教わりながら、世界で一つだけのオリジナルのビーチサンダル作りができます。

市の花、木、鳥

市民に親しまれている「ツツジ」

茅ヶ崎市の花:ツツジ
茅ヶ崎市の花:ツツジ

茅ヶ崎市の花は、市制25周年を迎えた昭和47年に市民投票を行い、得票数の多かったツツジに制定されました。

日本では、庭先などによく植えられている親しみのある花で、毎年4月から6月ごろに見頃を迎えます。市内では「中央公園」や「つつじ公園」など、多くの場所で鑑賞できます。

異国情緒あふれる町にピッタリの「アカシア」

茅ヶ崎市の木:アカシア
茅ヶ崎市の木:アカシア

花と同じく、市制25周年を記念し市民投票で決定した市の木アカシア。南国ムードたっぷりの茅ヶ崎にピッタリの木です。

一般的にアカシアと呼ばれている木には2種類あり、「ハリエンジュ(ニセアカシア)」のほかに、黄色い小さな花が咲く「フサアカシア(ミモザ)」があります。

市のデザインにも採用されている「ハリエンジュ(ニセアカシア)」は、北米原産で明治初めに渡来した樹木です。

「フサアカシア(ミモザ)」の木は、ツツジと同じく中央公園に植えられています。花が咲く時期は2月から3月です。

黒と白のコントラストが特徴の「シジュウカラ」

茅ヶ崎市の鳥:シジュウカラ
茅ヶ崎市の鳥:シジュウカラ

市の鳥は、花と木の制定からさらに25年経った平成9年に、市制50周年を記念して定められました。こちらも市民の投票によって決定しました。

シジュウカラは市内全域で見ることができ、市民に大変親しまれている鳥。胸に黒い細長い模様が入っているのと、ほおが白くなっているのが特徴です。

まち基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
市区町村名神奈川県茅ヶ崎市
(かながわけんちがさきし)
電話番号0467-82-1111
アクセス【電車の場合】
東京駅よりJR東海道線で約60分
新宿駅よりJR湘南新宿ラインで約60分
【お車の場合】
東京ICより東名高速・圏央道経由約40分
新湘南バイパス茅ヶ崎海岸IC下車
公式SNS

Facebook

Twitter