湯河原温泉で楽しもう<br/>ゲンジボタルが舞う幻想的な夜
2022年5月28日 〜 2022年6月12日

湯河原温泉で楽しもう
ゲンジボタルが舞う幻想的な夜

ほたるの宴(2022年)
ほたるのうたげ
見る
神奈川県足柄下郡湯河原町

神奈川県湯河原町では毎年5月下旬から6月上旬にかけて、まちの中を流れる川沿いで数多くの天然ホタルが鑑賞できます。

ホタルの見頃を迎える時期にあわせて湯河原町内の「万葉公園」では、ホタル観賞イベント「ほたるの宴」が行われます。2022年の開催期間は5月28日(土)~6月12日(日)まで。

関東屈指の有名な温泉街で体験する、夏の始まりを告げる幻想的な光のイベントをご紹介します。

2021年に全面リニューアルした万葉公園で楽しむ「ほたるの宴」

公園入口の足湯
公園入口の足湯

湯河原温泉街の中心にある「万葉公園」は豊かな自然を満喫できる緑地公園。公園内には、湯河原温泉が万葉集に詠まれた歌に登場する、約80種類の草花が植えられています。

公園は2021年にリニューアルされ、気軽に温泉を楽しめる足湯やテイクアウト専用のカフェなどがオープン。自然と調和するリゾートのような空間になり、地元の人の憩いの場としても親しまれています。

手持ちの提灯の灯りとともホタルを楽しむ夜の散策

「ほたるの宴」では、公園内の散策路のすぐ近くでゲンジボタルが舞い、柔らかい光を放ちながら訪れる人々を出迎えます。

公園の入り口広場では、夜の散策をより楽しめるよう手持ちの提灯が販売されています。提灯のほのかな灯りとともに歩くと、より幻想的な空間になりますよ。

何十年後も続けたい。子供達の手で放流されるホタル

水が清らかなまちとして知られている湯河原町では、まちを流れる藤木川、千歳川、新崎川沿いでも天然のホタルが舞う様子を鑑賞できます。

「万葉公園」に舞うホタルは、幼虫の間は公園内の「ほたる小屋」で地元の人々によって飼育され、毎年3月中旬に地元の湯河原小学校の子供達の手で放流されています。

このイベントには、「子供達が大人になったときにも、ホタルが飛んでいる美しい風景が受け継がれているように」という、地元の人々の願いがこめられています。

温泉もハイキングも!湯河原を満喫しよう

神奈川県湯河原町は、万葉の時代から温泉地として知られている歴史ある温泉。江戸時代には湯河原のお湯は将軍家に献上されていたとも言われています。

本イベントの開催場所である「万葉公園」のすぐ隣にも日帰り温泉施設「こごめの湯」があり、気軽に温泉を利用できます。

また、湯河原町は三方を山で囲まれたまちで、初心者でも楽しめるハイキングコースが整備されています。昼間は、初心者向けのコースでハイキングを楽しんで、夜のホタル観賞の時間までは温泉に浸かって一休み、そんな過ごし方もおすすめです。

「ほたるの宴」の期間中、「万葉公園」の園内はホタルの光を楽しめるよう、足元灯のみの点灯となっています。足元に気を付けて、子供と手をつなぐなど、十分注意を払って散策を楽しんでくださいね。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名ほたるの宴(2022年)
ふりがなほたるのうたげ
開催期間2022年5月28日 〜 2022年6月12日
開催時間19:30~21:00
開催スポット万葉公園
住所神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566
電話番号0465-64-1234
(一社)湯河原温泉観光協会
アクセス■電車の場合
JR湯河原駅より 奥湯河原行バス または 不動滝行バス に乗車「落合橋」バス停下車(乗車時間 約9分)
徒歩約5分(万葉公園湯河原惣湯 蛍テラスまで)
■お車の場合
東名沼津ICまたは新東名沼津長泉ICより国道1号経由で約50分
駐車場駐車場あり
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年05月27日/更新日2022年06月10日