花菖蒲&あじさい咲く初夏の風物詩<br/>電車も見られる江戸川河川敷の祭り
毎年6月上旬 〜 6月中旬

花菖蒲&あじさい咲く初夏の風物詩
電車も見られる江戸川河川敷の祭り

小岩菖蒲園まつり(2022年は中止)
こいわしょうぶえんまつり
食べる
東京都江戸川区

京成線「江戸川駅」から徒歩で約5分のところにある「小岩菖蒲園」には、例年6月になると約5万本の花菖蒲と約2,000株のあじさいが咲き誇ります。

例年6月上旬から中旬にかけて「小岩菖蒲園まつり」を開催。広々とした河川敷で、初夏の彩りを満喫できます。

※2022年は新型コロナ感染症対策のためイベントは中止ですが、園内の花は自由に鑑賞できます

※イベント中止にともない、例年イベント開催中の土日に運行するJR総武線「小岩駅」からの直行バスや「足立区しょうぶ沼公園」との無料シャトルバスは運休しますのでご注意ください

「東京下町のあじさい名所&穴場」をチェック!

地元住民から寄贈された花菖蒲をきっかけに開園

江戸川河川敷に広がる「小岩菖蒲園」は、1982年(昭和57年)に開園。地元住民から寄贈された花菖蒲をもとに、約4,900平方メートルの菖蒲田が整備されました。

現在では、5月に咲く早咲きの花菖蒲「棚田の藤桜」から始まり、見頃の6月を迎えると約100種、5万本の花菖蒲が咲き誇ります。

園内には舗装した通路が巡らされているので、ゆっくり回遊して鑑賞できますよ。

「小岩菖蒲園 ハナショウブ図鑑」を見てみる 

花菖蒲とあじさいのコラボを満喫♪

約2,000株のあじさいも有名です
約2,000株のあじさいも有名です

同じ頃、園内では約2,000株のあじさいも見頃となります。

6月初旬にはセイヨウアジサイなども咲き始め、6月中旬には花菖蒲とあじさいをダブルで楽しむことができます。

「東京下町のあじさい名所&穴場」をチェック!

電車好きの子供は必見!江戸川橋梁を通過するスカイライナーがかっこいい!

目の前を通過するその勢いに大興奮!
目の前を通過するその勢いに大興奮!

小岩菖蒲園から見える江戸川橋梁には、さまざまな電車が通過します。なかでも、スタイリッシュな京成スカイライナーは子供から人気! 

「次はどんな電車がくるんだろう」と、親子でワクワクしながら盛り上がれますね♪

イベント開催中の週末には模擬店も!

例年、「小岩菖蒲園まつり」期間中の土日10時から15時は、模擬店も並び賑やかな雰囲気が楽しめます。

土日はJR総武線「小岩駅」南口2番乗り場から「小岩菖蒲園」までの直通バスも運行されます。梅雨の晴れた週末におでかけしてみては。

※2022年はイベント中止のため、模擬店やシャトルバスの運行はありません

とりっぷノート★より楽しむためのポイント

開放感たっぷりの「小岩菖蒲園」。近くには大きなグラウンドがあり、少年野球の観戦もできますよ。普段は穏やかな園内ですが、花菖蒲とあじさいが満開になる6月初旬から中旬にかけては混雑が予想されます。花を傷つける恐れもあるので、ボール遊びなどはしないようにしましょう(いこーよとりっぷライター・岡本ハナ)

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名小岩菖蒲園まつり(2022年は中止)
ふりがなこいわしょうぶえんまつり
開催期間毎年6月上旬 〜 6月中旬
開催スポット小岩菖蒲園
住所東京都江戸川区
アクセス京成本線「江戸川駅」より徒歩5分
駐車場駐車場あり
備考■ゲート開放時間
4月から9月/8:30から18:30
10月から3月/8:30から16:30
※12月31日~1月3日:台風・積雪など河川敷利用に問題が発生した場合は、事故防止のためゲートを閉鎖する可能性があります

■駐車可能台数
約300台(河川敷グランド利用者と共用)
公式URL公式URLはこちら
関連URL
公開日2022年06月01日/更新日2022年06月10日