駅からすぐ!新宿の「花園神社」で<br/>初冬の風物詩「酉の市」を体験
【一の酉】11月4日(金)、【二の酉】11月16日(水)、【三の酉】11月28日(月) ※各日、前日は前夜祭を開催

駅からすぐ!新宿の「花園神社」で
初冬の風物詩「酉の市」を体験

花園神社 酉の市(2022年)
はなぞのじんじゃ とりのいち
体験する
歴史・文化を感じる
東京都新宿区

東京メトロ、都営新宿線「新宿三丁目駅」のE2出口からすぐの場所に厳かに佇む「花園神社」で、開運招福や商売繁盛を願う祭り「酉の市」が開催されます。

2022年は三の酉のため、11月4日(金)、16日(水)、28日(月)の開催予定です。

本記事では花園神社の酉の市の歴史や、2022年度の開催内容をご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部変更する可能性があります。詳細は公式サイトをご確認ください

東京の「酉の市」まとめをチェック!

「酉の市」とは?

たくさんの縁起物が境内で販売されています
たくさんの縁起物が境内で販売されています

酉の市は江戸時代から続く行事。浅草の「鷲(おおとり)神社」をはじめ、関東各地で行われる、開運招福や商売繁盛を願う祭りです。

11月最初の酉の日に行われる市を「一の酉」と呼び、その後12日周期で訪れる酉の日にあわせて、「二の酉」「三の酉」が開催されます。

一年の無事を報告し翌年の幸福を祈るために参拝したあとは、「運や金銀をかき集められる」という縁起物の熊手を露店で購入するのが醍醐味です。

「酉の市」の起源・由来は?

酉の市の起源は、武蔵野国南足立郡花又村(今は足立区花畑町)にある「大鷲(おおとり)神社」といわれています。

その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷討伐の帰りに花又村を訪れたことにちなみ、室町時代になると日本武尊の命日である11月の酉の日に門前市が行われるように。これが酉の市に発展したとされています。

「花園神社 酉の市」の歴史

花園神社。武神としての信仰から商人の守り神へと転化された日本武尊が祭神です
花園神社。武神としての信仰から商人の守り神へと転化された日本武尊が祭神です

別名「大酉祭」(おおとりさい)とも呼ばれる花園神社の酉の市は、明治時代から始まりました。

新宿のまちの発展に伴い参拝する人が増え、酉の市には60万人もの人が訪れる年もあります。浅草の「鷲神社」と並び、大きな賑わい見せています。

「花園神社 酉の市」2022年の開催内容

2022年は三の酉のため、11月4日(金)、16日(水)、28日(月)に開催します。コロナ禍以前は深夜2時頃まで開催していましたが、前夜祭・本祭ともに23時に境内の提灯が消灯され終了になります。

熊手のほかに、お金が貯まるよう祈願した布の袋「福財布」(500円)、魔除けの「破魔矢/約60cm」(1,000円)なども頒布されています。

とりっぷノート★おすすめポイントを紹介

「花園神社 酉の市」の名物でもある見世物小屋も開催しますよ。ドキッとする内容が含まれている可能性もあるので、小さな子供連れの場合は、お店に内容を確認したうえで観覧してくださいね。(いこーよとりっぷライター・岡本ハナ)

記事を書いた人

岡本ハナ

1983年フィリピン生まれ。4児(2男2女)の母。 大学在学中に読者モデルとして活動するかたわら、web制作会社でライターアシスタントとして勤務。現在は、映画や音楽などエンタメ情報、子供関連(不妊治療、発達障がい児など)をテーマに各メディアで執筆。料理下手だが、料理人の夫に感化されて料理&食育を勉強中! 多国籍料理が好き。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名花園神社 酉の市(2022年)
ふりがなはなぞのじんじゃ とりのいち
主催者名花園神社
開催期間【一の酉】11月4日(金)、【二の酉】11月16日(水)、【三の酉】11月28日(月) ※各日、前日は前夜祭を開催
開催時間【一の酉】
前夜祭 11月3日(木) 夕方頃~23:00頃
本祭  11月4日(金)昼頃~23:00頃
【二の酉】
前夜祭 11月15日(火) 夕方頃~23:00頃
本祭  11月16日(水) 昼頃~23:00頃
【三の酉】
前夜祭 11月27日(日) 夕方頃~23:00頃
本祭  11月28日(月) 昼頃~23:00頃
開催スポット花園神社
住所東京都新宿区新宿5-17-3
電話番号03-3209-5265
料金入場無料
アクセス「新宿三丁目駅」E2出口から徒歩すぐ/「新宿駅」東口から徒歩で約7分
駐車場駐車場なし
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年11月09日/更新日2022年11月18日