笠間に江戸時代から伝わる伝統行事<br/>お供え物を奪い合う奇祭
毎年12月第3日曜日 ※2022年については、関係者による神事のみとなります。

笠間に江戸時代から伝わる伝統行事
お供え物を奪い合う奇祭

悪態まつり(2022年は関係者による神事のみ)
あくたいまつり
体験する
歴史・文化を感じる
茨城県笠間市

茨城県笠間市にある「飯綱神社」では、参拝者が罵声を浴びせ合う「悪態まつり」が、毎年12月の第3日曜日に行われます。

「日本三大奇祭」とも言われている、一風変わったお祭り「悪態まつり」をご紹介します。

日本三大奇祭とも呼ばれる悪態まつりの歴史

飯綱神社社殿
飯綱神社社殿

「悪態まつり」は、江戸時代から笠間市に伝わる祭りで、愛宕山の麓にある「愛宕神社」の北側にある「飯綱(いいつな)神社」で行われます。

お祭りの由来は諸説ありますが、江戸時代にこの地域を治めていた藩の役人が、一般の聴衆の意見を聞くために始められたとも言われ、この日にどんな悪態や悪口を口にしても罪に問われなかったとか。

ほかにも、怨霊や疫病を退治する「悪退祭り」から由来するという説もあります。

悪態まつりとはどんな行事?

「悪態まつり」は、白装束で天狗の格好をした13人が16のほこらを回り、お供え物をします。お供え物をする際に、参拝者同士が「ばかやろう!」などの罵声を浴びせ合います。

お供え物を持ち帰ると、「無病息災」・「家内安全」などのご利益があると言われているため、天狗の格好をした人たちに邪魔をされながら、参拝者同士でお供え物を取り合います。

2022年の悪態まつりは神事のみ

2022年は関係者による神事のみが行われるため、一般の参拝者は参加できません。来年以降、一般参拝者の参加が復活できるようになるといいですね。江戸時代から地域に伝わるお祭りを継承していきたいものです。

記事を書いた人

大縄典子

転勤族の夫を持ち様々な土地に縁がある、高校生の息子、中学生の娘がいるママ。結婚後、子育てに専念するため10年以上の専業主婦経験を経て、ひょんなことから社会復帰を果たす。今は様々な自治体とのやり取りをしながら、まちの魅力を伝える仕事に情熱を燃やしています。人と話すことが好き。

イベント基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
イベント名悪態まつり(2022年は関係者による神事のみ)
ふりがなあくたいまつり
開催期間毎年12月第3日曜日 ※2022年については、関係者による神事のみとなります。
開催スポット愛宕神社、飯綱神社
住所茨城県笠間市泉
電話番号0296-72-9222
一般社団法人笠間観光協会
料金入場無料
アクセス【車】
北関東自動車道 友部ICより13分(約9km)
北関東自動車道 笠間西ICより約22分(約33km)
常磐自動車道 岩間ICより約13分(約8km)
【公共交通機関】
JR常磐線岩間駅よりタクシーで約10分
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年11月25日/更新日2022年11月25日