「岩井将門まつり」の舞台<br/>平将門の娘が父を祀った神社

「岩井将門まつり」の舞台
平将門の娘が父を祀った神社

国王神社
こくおうじんじゃ
見る
茨城県坂東市

茨城県西部にあり、利根川を挟んで千葉県の野田市と隣接する坂東市。その中央に位置する岩井地区から、結城街道を沓掛(くつかけ)に向かう左側にあるのが「国王神社」です。

凛とした空気漂う境内

杉木立におおわれた、古風な木造両部鳥居をくぐり、参道を進むと、その奥まったところに茅葺き屋根の社殿が見えてきます。

境内に入ると、常緑樹の木々が立ち並び、その先には、入母屋(いりもや)造りの拝殿、幣殿、本殿からなる社殿が見えてきます。凛とした空気が漂い、清々しい気持ちで歩けます。

夏は境内の木々が涼やかな雰囲気を作り出し、歩いてみると真夏の暑さを忘れられるひとときを過ごせます。また、冬でも落葉しない常緑樹に囲まれた境内を歩けば、自然の力強さをより一層感じられることでしょう。

拝殿の「入母屋造り」とは、古くから日本の住居や寺院などの建築で用いられてきた、東アジアの伝統的な屋根形式の1つで、最も格式が高い形式と言われています。奈良の「法隆寺」の金堂もこの形式で建てられています。

神社の由緒と歴史を学ぶ

神社の祭神は、平将門命です。

平将門は平安時代に活躍した関東の豪族としてよく知られています。現在の千葉県北部から茨城県にかけて勢力を伸ばし、現在の坂東市に政庁を置きました。その後、朝廷側から討伐されました。

「国王神社縁起(こくおうじんじゃえんぎ)」及び「元享釈書(げんこうしゃくしょ)」によると、将門最後の合戦の時、将門の三女は奥州の「恵日寺」に逃れ、出家して如蔵尼(にょぞに)と名乗ったとあります。将門の死後33年目に郷里に戻り、坂東市のこの地で過ごしていました。

その際に、森の中から霊木を見つけ、深く敬い、慎みを込めて、父将門の像を刻み、小祠を建てて安置し、将門大明神と名付けて祀られました。

県の重要文化財にも指定されている御神体の像

御神体の像は、寄木造座像で高さ2尺8寸(約85cm)の衣冠束帯(いかんそくたい)姿で、右手に笏(しゃく)を持っています。像の表情を見ると、目は吊り上がり、口は八の字に結び、怒りの形相を表わし、武人の気迫が全身にみなぎっている印象を受けます。

彫刻で注目されるのは、本殿向拝に用いる蟇股(かえるまた)のつなぎ馬です。江戸期の将門芝居につなぎ馬の紋所が描かれるのは、この彫刻に由来するようです。

将門軍の最大の武器は馬と鉄といわれ、騎馬合戦を最も得意としていました。しかし、乱が終わると、将門は「平和な時世には騎馬は不用」と馬をつなぎ置き、再び合戦に用いない証明として、つなぎ馬の紋所を彫らせたと伝えられています。

なお、社殿と将門座像は、県の重要文化財に指定されています。

市を代表する祭り「岩井将門まつり」の舞台にも

武運長久庖丁儀式
武運長久庖丁儀式

毎年11月の第2日曜日に開催される、坂東市を代表するお祭り「岩井将門まつり」は、国王神社での戦勝祈願で始まります。また、杉木立に囲まれた境内を、総勢100人の武者が参詣する様子は圧巻です。

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名国王神社
ふりがなこくおうじんじゃ
住所茨城県坂東市岩井948
アクセス圏央道坂東ICより車で7分
駐車場駐車場あり
公開日2021年08月04日/更新日2021年10月05日