十一面観音をお詣りし<br/>門前町や銚子漁港を散策しよう

十一面観音をお詣りし
門前町や銚子漁港を散策しよう

圓福寺 飯沼観音
えんぷくじ いいぬまかんのん
食べる
千葉県銚子市

銚子電鉄「観音駅」から徒歩で約5分の「圓福寺 飯沼観音」は、728年(神亀5年)に開基した古刹(こさつ/由緒ある古いお寺)。

銚子のまちは古くからこのお寺を中心に栄え、今も銚子漁港へと続く道に門前横丁が残ります。

日本百観音のひとつでもある「十一面観音」を参拝しましょう。

(画像提供:銚子フィルムコミッション)

「銚子電鉄で親子旅」をチェック!

参拝後の門前町歩きも楽しい観音様

全長33.55mの五重塔はまち歩きの目印に
全長33.55mの五重塔はまち歩きの目印に

銚子市の中心にある「圓福寺 飯沼観音」は、坂東三十三観音第二十七番札所であり、奈良時代より法灯が護持されていた由緒あるお寺。

毎朝6時から始まる護摩焚きなどの朝のお勤めも、予約なしで気軽に体験できます。銚子への1泊旅行に行く機会があれば、早起きして参加するのもいいですね。

銚子っ子のソウルスイーツといえば「さのや」の今川焼。夏はソフトクリームやかき氷でひと休み
銚子っ子のソウルスイーツといえば「さのや」の今川焼。夏はソフトクリームやかき氷でひと休み

漁船が並ぶ港も歩いてすぐの距離にあり、今川焼の「さのや」や漬け丼の「丼屋七兵衛」など、立ち寄りたくなる銚子グルメの名店もいっぱい。

参拝のあとは、親子でのんびりと門前町散策を楽しみましょう

「さのや」を詳しくチェック!

「丼屋七兵衛」を詳しくチェック!

「銚子大仏」「五重塔」はこのエリアのシンボル

1711年(正徳元年)に建立された約5.4mの銚子大仏こと阿弥陀如来座像も大迫力。全長33.55mの五重塔とともに観音エリアのアイコンとして、地元の人々に愛されています。

珍しいところではお手洗い所に、なんとトイレの神様が! 1日に何度もお世話になる大事な場所だけに、しっかりお礼をし、手をあわせて拝みましょう。

夕刻から本堂と仏像がライトアップされる日も

2022年7月現在は毎日、日没とともにライトアップされ、なんとも幻想的に。大仏様と一緒に記念撮影できる台も設置されています。

画像提供:銚子フィルムコミッション
画像提供:銚子フィルムコミッション

朱に光る本堂や仁王門は圧巻の美しさです。

とりっぷノート:境内のグルメも見逃せない!

敷地内、駐車場前にある「遠藤」はレトロな風情の焼きそば専門店。観音名物として知られているので、お試しあれ。焼きそばはなんと350円、大盛でも400円! 

お肉がたっぷり入った焼きそばは食べ応えがあり、手頃なランチとしても◎。(いこーよことりっぷライター・間庭典子)

スポット基本情報

  • ページの内容は、掲載時のものであり最新の情報ではない場合もあります。
    お出かけされる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
スポット名圓福寺 飯沼観音
ふりがなえんぷくじ いいぬまかんのん
住所千葉県銚子市馬場町1-1
電話番号0479-23-1316
営業時間6:00~17:00
定休日無休
アクセス銚子電鉄「観音駅」から徒歩で約5分
駐車場駐車場あり
公式URL公式URLはこちら
公開日2022年07月20日/更新日2022年07月22日